“噂の女”神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第559回】

引退から41年! 女性週刊誌のトップを飾る山口百恵の存在感と、五輪強行に疑問を呈す三浦友和の勇気ある発言

2021/07/06 21:00
神林広恵(かんばやし・ひろえ)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 久々に心が踊った。8月に予定される横浜市長選に田中康夫氏が出馬の意向だとか。すでにIR誘致反対などを表明している田中氏。菅義偉首相のお膝元でもある横浜市に殴り込み! に注目だ。

「女性自身」7月20日号(光文社)

第559回(7/1〜7/6発売号より)
1位「東京五輪が発端! 百恵さん 夫友和と結婚41年目の初衝突」(「女性自身」7月20日号)
2位「独占スクープ 小林麻耶『目が覚めて』スピ夫と離婚へ」(「女性セブン」7月15日号)
3位「熊田曜子『裁判はムリ』、無念の“和解”へ」(「週刊女性」7月20日号)

 いや、すごすぎる。今週の「女性自身」特集トップに躍り出たのは山口百恵ネタだ。引退からすでに41年! その間、表舞台に登場することがないにもかかわらず、女性週刊誌のトップ特集を飾るのは、さすがの存在感、スーパーレジェンドだ。しかも、どんなビッグネタかと思いきや、内容はかなり苦しかった(笑)。

 まず記事は、妻の百恵さんの近況から始まる。6月末まで開催されたキルト展。東京オリパラで来日する選手団への贈り物として、全国から寄せられたキルトが展示されたものだが、その中に百恵さんの作品も。間近に迫った東京五輪へ百恵さんがエールを送った形だが、一方、夫の友和はというと、出席した映画イベントで、「ずっとおかしいと思っているのは、なんでずっとオリンピックをやろうとしているのかな、この人たち」と五輪強行に懸念を表明した。

 これまでケンカをしたことがないと伝えられているオシドリ夫妻だが、五輪をめぐり意見を違えたことで、“初衝突”が起こったと「自身」がこれを大きく報じたのだ。

 いや〜すごいな。そもそもこのキルト展、読売関連の隔月刊誌「よみうりキルト時間」が、「おもてなしキルト」プロジェクトとして2019年から募集したもの。だから、そこに出品しているからといって、現在でも百恵さんが五輪に全面的に大賛成で、夫と衝突しているかといえば、そんなことはないだろう。

 実際、「自身」でも記事の最後のほうで芸能レポーターの城下尊之が「百恵さんと友和が不仲になることはない」と断言しているが、当たり前だ。それでも、このネタが天皇陛下や小室圭さんなどの皇室ネタを抑えてトップになる。そのこと自体がすごいことだと思う。

時間の花束 Bouquet du temps
41年前のこと言われても知らないし……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

引退から41年! 女性週刊誌のトップを飾る山口百恵の存在感と、五輪強行に疑問を呈す三浦友和の勇気ある発言のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性週刊誌ぶった斬り!のニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL