で、誰が悪いの?

メイプル超合金・安藤なつ、“束縛”離婚報道が「一変する可能性」? モラハラ&食費請求……夫の不満に懐疑的な声

2021/06/30 17:35
サイゾーウーマン編集部
メイプル超合金・安藤なつ、束縛離婚報道が「一変する可能性」? モラハラ&食費請求……夫の不満に懐疑的な声の画像1
安藤なつオフィシャルブログより

 6月29日、ニュースサイト「デイリー新潮」で、お笑いコンビ・メイプル超合金の安藤なつが夫と離婚調停中であると報じられた。ネット上では、安藤の“束縛ぶり”に困惑する声と、夫の言動に対して疑問の声が集まっている。

 安藤は、2019年11月に6歳年下の一般男性と、出会って3カ月の“スピード婚”を果たした。20年1月には、海外アーティスト・リゾ(Lizzo)のMVでウエディングドレス姿を披露し、タキシードを着用した夫との夫婦共演が話題に。また、同年8月放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)では、番組企画で結婚披露宴を開催するなど、メディアを通じて仲睦まじい様子を見せていたが……。

「『デイリー新潮』は、“夫の知人”による証言として、安藤の束縛が激しいことから、夫が参ってしまっていると報道。夫が知人と食事に行く際は、その相手の連絡先を安藤に教えたり、自宅のホワイトボードに予定をすべて書くというルールがあったといいます。夫は結婚を機に地方から上京したものの、安藤の徹底した管理により気軽に友だちも作れず、塞ぎがちになってしまったそうで、ネット上では『これはキツい』『男女逆だったら、ひどいモラハラ』と否定的な声が上がっています」(芸能ライター)

 この知人は、夫が安藤との“金銭感覚の違い”に不満を募らせていたことも暴露している。ただ、自宅マンションの家賃は「6対4くらいで安藤さんが多めに負担」、生活費は基本的に「折半」との記載があることから、「夫がただ文句言いたいだけにしか見えない」と懐疑的な声も少なくないようだ。

「記事には、安藤が夫に収入を秘密にしていたことや、安藤が食事を作った際に夫に食費を請求していたこと、夫が安藤の仕事を手伝った際には現金ではなく自作の“お食事券”を支給していたことなどが挙げられています。確かに、売れっ子芸能人の安藤と、介護職の夫では収入に差はあるかもしれませんが、そこまで責められるほど非常識な言動とは思えない。浮き沈みの激しい芸能界で財布の紐がきつくなるのは、自然な流れではないでしょうか」(同)

 ネット上では、「妻が思ったよりお金出してくれないから、夫が文句言ってるようにしか見えない」「夫婦だからって、収入を教える義務なんてない」などと物議を醸しているようだが、現時点で伝えられているのは夫側の証言のみ。そのため、「安藤から見たら、事情が違いそう」との見方もある。

「報道によると、離婚を切り出したのは安藤からで、夫に『車はあげる、自宅マンションは解約したから出て行って』と告げたとか。それゆえ、ネットユーザーからは『束縛が嫌なら離婚に応じればいいだけ』『報道が本当なら、離婚したいと言い出すのは夫のはずじゃ?』『車をくれるくらいだから、安藤はドケチではなさそう』との指摘も。あくまでも“夫の知人”の証言ではあるものの、今後、安藤サイドから反論があれば、印象が一変する可能性はありそうです」(同)

 30日放送のラジオ『ナイツ ザ・ラジオショー』(ニッポン放送)に出演した安藤は、共演者のお笑いコンビ・ナイツから離婚報道をイジられるも、「(調停中だから)なんも言えない」というコメントを連発していた。彼女が離婚を切り出した理由が気になるところだ。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2021/06/30 17:35
カズレーザーが解けなかったクイズ200問
なっちゃんはひとりで生春巻きライフしてたのかな

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

メイプル超合金・安藤なつ、“束縛”離婚報道が「一変する可能性」? モラハラ&食費請求……夫の不満に懐疑的な声のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報お笑い芸人のニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL