【連載】堀江宏樹に聞く! 日本の“アウト”皇室史!!

「小室さんとの結婚」もはや天皇命令!? 皇族の“婚約破棄”と“再婚”にみる、眞子さまの「正しさ」とは

2021/05/15 17:00
堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

婚約破棄に加えて再婚を持ちかけた!?

――ちなみに、前田家に嫁いだ菊子さんはどうなったのでしょうか?

堀江 お子様にも恵まれ、とても幸せな結婚生活だったようです。しかし、1942年(昭和17年)、軍人であった前田侯爵が戦死なさいます。そして戦後、しばらくして、あれだけ婚約解消問題でモメにモメた久邇宮朝融王から、「私と再婚しないか?」というお話が菊子さんのところに来たというのですね。

――えええ! それはどういう風の吹き回しですか!?

堀江 正確には久邇宮朝融王は1947年(昭和22年)、「皇籍離脱」によって民間人となっているので久邇朝融というお名前になっているわけですが。

 朝融王は伏見宮家から知子女王という方を妃に迎えていましたが、皇籍離脱の少し前に先立たれてしまっていました。そこでの再プロポーズの話です。ここで菊子さんが愛娘・美意子さんに語り聞かせていたという、恋仲だった二人を、「唐獅子」と呼ばれた侍女が引き裂いた! という“逸話”に、妙な信憑性が高まってくるのですよね~。

 夫・前田侯爵とのロマンスならともかく、婚約解消した相手である朝融王との恋の逸話を、前田侯爵との間に授かった娘に聞かせてるわけですから……。

―――たしかに“何か”があったのかもしれませんねぇ。

堀江 朝融さんの嫡男である邦昭さんは、この逸話を完全スルー、つまり否定していないのです。まぁ、否定する価値もない話として取り上げなかっただけかもしれませんが。

 皇族の結婚問題、特にトラブルが起きた場合、そこには世間を騒がせるだけの要素がたくさん秘められているものなのです。

 しかし、大正時代の久邇宮家に対し、現代の秋篠宮家の眞子さまは皇室との距離が非常に近いのです。今回のような結婚トラブルとなると、皇室に与えるダメージの大きさは計り知れないものがあります。ここは1日も早く、問題解決されることを望むばかりですね……。

堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

1977年、大阪府生まれ。作家・歴史エッセイスト。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業。日本・世界を問わず歴史のおもしろさを拾い上げる作風で幅広いファン層をもつ。2021年6月7日、漫画『ラマキユーズ』第二巻が発売(KADOKAWA)。新刊『眠れなくなるほど怖い世界史』も好評発売中。 『偉人の年収』が2022年1月11日発売(イースト・プレス)。好評既刊に『愛と欲望の世界史』『本当は怖い日本史』(いずれも三笠書房・王様文庫)など。

Twitter:@horiehiroki

原案監修をつとめるマンガが無料公開中。「La maquilleuse(ラ・マキユーズ)~ヴェルサイユの化粧師~」 最新刊『眠れなくなるほど怖い世界史』(三笠書房)

最終更新:2021/05/16 16:29
眠れなくなるほど怖い世界史
なるほどね〜秋篠宮家を見る目が変わったよ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「小室さんとの結婚」もはや天皇命令!? 皇族の“婚約破棄”と“再婚”にみる、眞子さまの「正しさ」とはのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 日本のアウト皇室史のニュースならサイゾーウーマンへ!