働き者!

鈴木亮平、異例の2クール連続連ドラ主演決定! 4%台まで低迷の『レンアイ漫画家』にあきらめムード漂う!?

2021/04/30 14:50
サイゾーウーマン編集部
『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)公式サイトより

 俳優・鈴木亮平が、TBS系「日曜劇場」枠で7月期に放送される連続ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』で主演を務めることがわかった。ネット上には、早くも「7月が楽しみ!」という声が寄せられている半面、現在、鈴木が主演中の連ドラ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)に関しては「“あきらめムード”が漂っている」(芸能ライター)ようだ。

「鈴木が救命救急医・喜多見幸太を演じる『TOKYO MER』は、救命救急のプロフェッショナルチーム・TOKYO MERが、事件や事故、災害などの危険な現場に駆けつけ、負傷者を救おうと奮闘する姿が描かれるそうです。同ドラマが放送される『日曜劇場』は、これまでに『半沢直樹』や『下町ロケット』など多くのヒット作を生み出してきた枠で、鈴木も2015年4月期の『天皇の料理番』や20年1月期の『テセウスの船』に出演しており、『TOKYO MER』でついに主演を務めることとなりました」(同)

 そんな鈴木は現在、フジテレビの「木曜劇場」枠で放送中の連ドラ『レンアイ漫画家』でも主演を務めており、『TOKYO MER』の情報解禁によって、異例の“2クール連続”で主演に起用されることが判明したが……。

「ネット上には『実力派の俳優さんだから、医療モノの「TOKYO MER」は面白くなりそう』『鈴木主演の「日曜劇場」とか楽しみでしかない』などと好意的なコメントが飛び交う一方、『TBSのドラマがあるなら、フジの作品は断ればよかったのに……』といった書き込みも見受けられます」(同)

 『レンアイ漫画家』は、人気少女漫画家・刈部清一郎(鈴木)が、“問題”のある男性とばかり付き合ってきたヒロイン・久遠あいこ(吉岡里帆)に高額な報酬を支払う代わりに、漫画のネタに使うための“疑似恋愛ミッション”を課す……というラブコメ作品。初回から平均視聴率6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と大コケし、第3話で4.8%まで落ち込んだが、4月29日放送の第4話は5.7%と、0.9ポイントながら回復した。

「それでも、依然として低空飛行が続き、ネットユーザーの間でも『物語がつまらない』『こんなドラマに鈴木亮平を使うなんて、もったいない!』と言われていたんです。それだけに、『もう「レンアイ漫画家」は捨てたつもりで、「TOKYO MER」に全力を注いだほうがいい』『鈴木さんには、TBSの重厚感ある作品のほうが合ってそう』など、『レンアイ漫画家』の“巻き返し”には期待せず、『TOKYO MER』の放送開始を心待ちにする視聴者も少なくないようです」(同)

 鈴木はTBS系「日曜劇場」で、フジ系「木曜劇場」での“黒歴史”が吹き飛ぶほどの成功を収めてほしいものだ。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2021/04/30 14:50
映画「俺物語!!」
また別のラブコメに戻ってきてよね、亮平……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

鈴木亮平、異例の2クール連続連ドラ主演決定! 4%台まで低迷の『レンアイ漫画家』にあきらめムード漂う!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL