オンナ万引きGメン日誌

ソープ嬢の万引き犯、ボストンバッグから出てきた大量の○○……女性警察官も同情した身の上とは?

2021/04/24 16:00
澄江(すみえ)
写真ACより

 こんにちは、保安員の澄江です。

 昨今、デパートの閉店が各地で相次いでいます。山形県では、以前に山形署交通官の警視が講演帰りに万引きをして捕まったことで話題になった「大沼山形本店」が倒産し、デパートのない県になってしまいました。都心部のデパートも、その流れには逆らえないようで、三越恵比寿店とそごう川口店が2月28日に閉店。何かの記念日には、必ずデパートに行って、買い物や食事を楽しむ。それがステータスになっていたデパートの全盛期が自分の青春時代と重なっていることから、この状況はとても寂しく、一時代の終焉とともに我が身の老いを痛感している次第です。

 仕事の上でも、デパートでの勤務は少なくありません。あまり知られていないことですが、デパート専門の万引き常習者も存在しており、その被害は少なくないのです。今回は、都心部のデパートで捕まえた女性常習者について、お話ししたいと思います。

 当日の現場は、有名デパートX。都内の大型ターミナル駅に直結する老舗デパートで、地下2階、地上8階建ての建物内に、広大な売場を有する百貨店です。通常であれば、催事やセール時に限って複数の保安員を導入されるクライアントですが、ここのところ数人の常習者による万引き被害が横行しているとのことで、急な依頼を受けました。

 予算の都合上、今回の導入は1カ月のみ、しかも1人勤務ということで、キャリアの長い職員を中心にローテーションを組んで対応します。クライアントの事務所に到着して出勤の連絡を入れると、常習者と思しき女性の人着は特定できているそうで、その写真を事務所で確認してから現場に入るよう指示されました。どことなくフォーリンラブのバービーさんに似ているふくよかな女性担当者に挨拶を済ませて、当該写真を見せてもらうと、とても派手な格好をしている痩せた女性が、ブランド物のボストンバッグを肩にかけて店を出て行く様子が写っています。

「よく見かける人ですか?」
「うん、ここのところ毎日。この人、この辺の同業者の間で有名なおかる(万引き犯の俗称)でね。つい最近、お隣(デパートのこと)で捕まったんですって。それでウチに流れてきているみたい」

 デパートで高額品を狙う常習者は、手口や狙う商品にこだわりがあるのか、同じような行動を繰り返します。おそらくは、過去の成功例が、そうさせるのでしょう。言葉は違うかもしれませんが、その技術レベルは高く、とても上手に盗んでいくのです。その行動を入店から確認するため、毎日来ているという女性担当者の言葉を支えに、なるべく目立たぬよう出入口を見渡せる場所に立ち尽くして女の登場を待ちました。

〔予約〕万引き / 伊東ゆう
ホストってのは惜しみなく奪うのよ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

ソープ嬢の万引き犯、ボストンバッグから出てきた大量の○○……女性警察官も同情した身の上とは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! オンナ万引きGメン日誌のニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL