世間は胸キュンドラマに飽きてきた?

川口春奈主演『着飾る恋』、初回9.1%と振るわず……敗因は横浜流星の「狙いすぎ」な“胸キュン”演出!?

2021/04/21 20:30
サイゾーウーマン編集部
【星作業中】『着飾る恋には理由があって』の画像1
『着飾る恋には理由があって』(TBS系)公式サイトより

 川口春奈が主演を務める連続ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系、以下『着飾る恋』)が4月20日にスタートし、初回平均視聴率は9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、2ケタ台には一歩及ばず。ネット上では「狙いすぎててキュンとしない」「中身がなさすぎる」と辛辣な声が上がっている。

 同ドラマは、価値観の違う男女がひとつ屋根の下でルームシェアすることによって、さまざまな恋を繰り広げる“うちキュン”ラブストーリー。昨年1月期に放送され、社会現象を巻き起こした上白石萌音主演ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(以下、『恋つづ』)を手掛けた金子ありさ氏が脚本を担当しているほか、『MIU404』(2020年6月期)や『グランメゾン東京』(19年10月期)、『アンナチュラル』(18年1月期)など、TBSの人気ドラマの制作チームが集結した意欲作だ。

「今回川口が演じるのは、インテリアメーカーで広報として働き、PRのために始めたSNSのフォロワー数が10万人を超えるインフルエンサーとなった主人公・真柴くるみ。ルームシェアのメンバーで、キッチンカー『Fuji Bal』の店主である自由気ままなミニマリスト・藤野駿を横浜流星、真柴が7年間思いを寄せているインテリアメーカーの社長・葉山祥吾を向井理が演じています」(芸能ライター)

 第1話では、マンションの契約更新を忘れていたことで部屋を追い出された真柴が、“姉御”と慕うフードスタイリスト・早乙女香子(夏川結衣)の住むマンションへ引っ越すことに。しかし、そこは藤野をはじめとする個性的なメンバーが集まるシェアハウスで、真柴は戸惑いながらも共同生活をスタートさせる。そんな中、長年想いを寄せていた社長・葉山が突然辞任。ショックを受けた真柴を励ますため、藤野がカレーを振る舞う……というストーリーだった。

「TBSの火曜午後10時枠といえば、これまでに数々のラブコメ作をヒットさせてきました。最近放送された同枠ドラマの初回視聴率を見ると、『恋つづ』9.9%、『私の家政婦ナギサさん』(20年4月期)14.2%、『おカネの切れ目が恋のはじまり』(20年7月期)11.6%、『この恋あたためますか』(20年10月期)9.4%、『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』11.4%(21年1月期)と、いずれも『着飾る恋』よりは高い数字をマーク。そのため、ネット上では『視聴率が低いのには理由があるよね……』と、ドラマタイトルをもじった皮肉も聞こえてきています」(同)

 その要因は、横浜演じる藤野の“胸キュンを狙いすぎた演出にあるようだ。

「第1話には、真柴が藤野の車に乗るシチュエーションで、藤野が運転席から助手席のドアを閉め、真柴と顔が近づく場面がありました。さらに、犬を散歩中、自転車にぶつかりそうになる真柴を抱き寄せたり、終盤には、ソファーで寝落ちした真柴を藤野がお姫様抱っこして部屋まで運ぶシーンも。ネット上では、横浜のファンから『めっちゃかっこいい』『キュンキュンした』と喜びの声が上がっていましたが、一部の視聴者には『「ここでキュンとして!」みたいなのが丸見えで全然キュンとこない』『ドラマの内容が空っぽ』『いろいろ勘違いしてるドラマ』『キュンシーンだけでなんとかする気なら脱落かも』と響かなかった様子。一方、向井演じる葉山に対しては『こんな社長いたら頑張れる』『やっぱりスタイルいいな~かっこいい!』と心を打たれた人も多かったようです」(同)

 ちなみに、横浜は19年に深田恭子が主演を務めた同枠のドラマ『初めて恋をした日に読む話』で、ピンク頭がトレードマークの高校生役を演じブレーク。初回視聴率8.6%、全話平均視聴率8.4%と数字は振るわなかったものの、自身の人気に火をつけることはできただけに、今回も藤野役で話題を集めたいところだろうが、果たして……。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2021/04/21 20:30
横浜流星写真集『流麗』
ピンク頭の“ゆりゆり”の記憶を更新できるといいね

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

川口春奈主演『着飾る恋』、初回9.1%と振るわず……敗因は横浜流星の「狙いすぎ」な“胸キュン”演出!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! テレビ芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!