ほかの出演者が不憫?

NiziU、『CDTV』出演で「尺取りすぎ」「ワイプが邪魔」と視聴者から批判続出! ファンは“カメラハプニング”にクレーム!?

2021/03/30 19:39
サイゾーウーマン編集部

 3月29日に生放送された大型音楽番組『CDTVライブ!ライブ! 春ソング4時間スペシャル』(TBS系)に9人組ガールズグループ・NiziUが出演。番組にはほかにも19組のアーティストが出演したが、NiziUの出演時間が長かったことから、ネット上では「特別扱いしすぎ!」「NiziUばっかりずるい」と批判が集まっている。

 この日の放送では、『CDTV』28年間のランキングデータから「みんなが聴いた!歌った!春ソングTOP50」が発表されたほか、アーティストたちがパフォーマンスを披露。4時間の生放送ということで、番組公式サイト上にはタイムテーブルが掲載され、各組の出演時間が事前に発表されていた。

「NiziUは午後9時台の出演が告知されていましたが、7時10分頃からステージに登場。『NiziUが選んだ思い出の春ソング』というコーナーが設けられ、9人それぞれが選んだ春ソングが紹介されました。これだけでも、番組サイドがNiziUに力を入れていることは明らかですが、リク&マヤが選んだLittle Glee Monsterの『青春フォトグラフ』、マヤが選んだAlexandrosの『風になって』は、この紹介のあとアーティスト本人が登場してNiziUの前でパフォーマンスしたんです」(芸能ライター)

 番組MCのTBS・江藤愛アナウンサーは「本当にたまたまNiziUのみなさんが選んだ曲が、今夜のセットリストに入ってたんです」と、あくまで偶然であると強調していたが、ネット上ではNiziUの選曲に対し、「これからパフォーマンスする曲ばかり選んでるな」という指摘や「NiziUだけなんでこんなにずっと出てるの?」「尺取りすぎ」「特別扱い感がすごくない?」と不満の声が噴出。

 さらに、Little Gree MonsterとAlexandrosの歌唱中にもNiziUがカメラに抜かれる場面もあり、視聴者からは、「NiziUのためのカメラワークとかいらん!」「ちゃんと歌ってるアーティストだけ映して」と怒りの声が上がっていた。

「その上、『春ソングTOP50』の発表に移ったあとも、画面の右下にはずっとNiziUメンバーがワイプで映し出されていたため、『NiziUがうっとうしい』『ワイプ消してほしい。邪魔』『そろそろ退席させて』といった厳しい意見も見られました」(同)

 とはいえ、NiziUファンは「まじで神回!」「こんなに映ると思わなかったからうれしい」「どんだけNiziUをVIP扱いしてくれるの」などと、大喜びの様子だった。

「ただ、午後9時台にNiziUが新曲『Take a picture』をテレビ初披露した際には、カメラが一瞬暗転してしまうハプニングが発生。これにはNiziUファンから『ここまでトラブルなかったのに、なぜNiziUの時に……』『新曲は初パフォーマンスだったのにこれは許せん』『一瞬とはいえ放送事故だよね!? カメラさんちゃんとやって!』とクレームがネット上に寄せられていました」(同)

 良くも悪くも注目を集めてしまったNiziU。4月7日に発売となる2ndシングル「Take a picture/Poppin’ Shakin’」の売り上げにも注目しつつ、今後の活動を見守りたいところだ。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2021/03/30 19:39
【楽天ブックス限定先着特典】Take a picture/Poppin' Shakin'(オリジナルA5クリアファイル(全10種の内1種ランダム))
個人的にはジャニーズ勢が1組も出なかったことにびっくり

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

NiziU、『CDTV』出演で「尺取りすぎ」「ワイプが邪魔」と視聴者から批判続出! ファンは“カメラハプニング”にクレーム!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報アーティストのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL