なんだか既視感が

ののちゃん(村方乃々佳)、史上最年少MV配信も「大人に利用されている」「お金を稼ぐほうに」と波紋……『100ワニ』騒動と似た事態に?

2021/03/25 16:08
サイゾーウーマン編集部

 「第35回童謡こどもの歌コンクール」にて、史上最年少で銀賞を受賞した、ののちゃん(村方乃々佳ちゃん)がSNSを中心に大ブレークしている。

 ののちゃんは、2018年5月31日生まれの2歳。昨年11月に開催された「童謡こどもの歌コンクール」で、彼女が「いぬのおまわりさん」を歌っている動画がYouTubeに公開されると、Twitterを中心に、日本と韓国で大拡散され、「現在、再生回数は約1,700万回(2021年3月25日現在)という驚異的な数字を記録している」(芸能ライター)という。

 そんなののちゃんは、5月26日に、2歳11カ月という史上最年少でCDデビューすることが各メディアで伝えられていたが、3月24日には、2歳9カ月という史上最年少で公式ミュージックビデオ(MV)を配信した。

「ののちゃんのアルバムの発売元・キングレコードのYouTubeで公開されているMVには、ファンから『歌声はもちろん、振り付け、リズム感、本当に完璧すぎる』『この歳で堂々と歌えてすごい』などと絶賛コメントが寄せられ、韓国語のコメントも多数。国内外から注目を集めていることがわかります」(同)

 しかし、ののちゃんの注目度が高まるにつれて、一部ネット上では不穏な空気も流れている。

「ののちゃんの活躍がニュースになるたび、一部から『親と大人に利用されてることを理解できない年齢だから、ちょっとかわいそう』『親は話題になったのをいいことに、お金を稼ぐほうに向かってる気がする』『金のにおいを嗅ぎつけた大人が、私利私欲のために利用してるように見える』といった批判の声が聞かれるようになったのです」(同)

 昨年、Twitter上で無料公開されていた連載マンガ『100日後に死ぬワニ』(きくちゆうき氏・作)が最終回を迎えた直後、さまざまなメディア展開を発表した際、「途端に“ビジネスのにおい”を感じてしまったとして、多くのファンから反発の声が上がり、炎上したこともあった。それと同様の事態が、ののちゃんにも起きているのでは。ののちゃんはアルバム発売を控えていることもあって、メディア露出が多くなることが予想されます。このままいけば批判的な声がより増えていくかもしれません」(同)との懸念も聞かれる。

 元気いっぱいに歌う、ののちゃん自身には何の罪もない。歌手活動をしていくにあたって、まずは彼女があらぬ批判をダイレクトに浴びないよう、レコード会社をはじめとした関係者が十分に保護すべきだろう。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2021/03/25 16:08
いぬのおまわりさん
ののちゃんの動画は1000回くらい見てるわよ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

ののちゃん(村方乃々佳)、史上最年少MV配信も「大人に利用されている」「お金を稼ぐほうに」と波紋……『100ワニ』騒動と似た事態に?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報子役のニュースならサイゾーウーマンへ!