『ザ・ノンフィクション』レビュー

『ザ・ノンフィクション』2万1,701人の、日本で就学不明の外国籍の子ども「ふたりの1年生 ~新米先生と海の向こうから来た女の子~」

2021/03/22 18:01
石徹白未亜(いとしろ・みあ)

 日曜昼のドキュメント『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。3月21日は「ふたりの1年生 ~新米先生と海の向こうから来た女の子~」というテーマで放送された。

『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)公式サイトより

あらすじ

 2019年4月に中国から東京の小学校に転校してきた1年生のナイヒ。クラス担任は教師になって1年目の23歳の橘川先生だ。ナイヒは日本語がほぼわからず、橘川先生も「まさか(言葉のわからない児童が自分のクラスに)いるとは思わなくて」「どうしようかな」と率直な思いを番組スタッフに話す。橘川先生も懸命に指導するものの、半年ほどたった19年9月においても、ナイヒはクラスになじめず、授業もわからないままで、学校では固まった表情だ。

 ナイヒは、日本で自分の店を持ちたいという母親と共に中国からやってきたが、母親は仕事に専念すべく職場の近くで暮らし、ナイヒは先に中国から来日していた叔父夫婦の家に預けられる。中国語が飛び交う叔父一家で、ナイヒはいとこたちと楽しそうに遊ぶが、母親を恋しがる。

 2学期の後半の「学芸会」で、橘川先生はナイヒに3つのセリフを割り当てる。日本語を口にするのが怖いナイヒは、練習中、小さな声でたどたどしくしかセリフを言えなかったが、橘川先生、級友のサポートや、家で叔母やいとこたちと特訓することで、学芸会当日は堂々とセリフを言うことができた。

 翌年、20年2月に行われた公開授業で、母親は来ないだろうと諦めていたナイヒのもとにサプライズで母親が現れる。橘川先生の告げた時間通りに、時計の針を合わせる授業で正解するなど、日本語の理解も深まっていた。

 授業が終わった後、ナイヒは日本語で「橘川先生大好きありがとう」とお礼を告げる。それから1年後、ナイヒは母親が家を買ったことで転校したが、日本語漢字検定の10級を取得し、スタッフとの挨拶などもスムーズになっており日々の努力がうかがえた。

外国人の子ども白書
自分と違う環境の人もいると想像し続けなきゃ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

『ザ・ノンフィクション』2万1,701人の、日本で就学不明の外国籍の子ども「ふたりの1年生 ~新米先生と海の向こうから来た女の子~」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 『ザ・ノンフィクション』レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL