[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

King&Prince・岸優太、甘い食べ物といえば「八ツ橋」!? ロケ中の一言に「岸くんが天才のゆえん」と共演者感心

2021/03/16 15:00
華山いの(はなやま・いの)
King&Prince・岸優太、甘い食べ物といえば「八ツ橋」!? ロケ中の一言に「岸くんが天才のゆえん」と共演者感心の画像1
ヘアワックス決まってますよ!

 朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)内で放送されている“暮らしにまつわる悩み”を解決するコーナー「解決!King&Prince」。3月15日の放送回には岸優太が登場し“春キャベツの大量消費レシピ”を学んだ。

 今回、リモートで指導してくれるのは、岸が 「玉ねぎ大量消費レシピ」に挑戦したときにも教えてもらった、中学1年生の野菜ソムリエプロ・緒方湊くん。“耳が動くうさぎ帽子”を被り「お久しぶりだピョン」と登場した緒方くんが、「今日は頑張りましょう! ピョンピョン」と耳を動かすと、岸もうさぎのマネをして「ピョンピョン」と返答。

 その後、お互いに「ピョンピョン」と言い合う場面が続き、岸は「ずっと解決できない、これは」と可愛すぎる先生に戸惑っていた。

 ようやく本題に入り、“千切りキャベツの牛乳スープ”を作るため、キャベツを千切りする岸。そこに先生から、「もっとカッコよく切れる方法があります」と言われ、岸は「知りたいです! カッコよくなりたい」と前のめり。芯を切り落とした葉をクルクル巻いて端から切っていく方法を伝授されると、「今からカッコよく切るので、カメラさんアレンジ入れてもらっていろいろ……」とカメラマンにちゃっかり要求。BGMやキラキラ加工のエフェクトが入ったMV風に仕上がっていたが、スタジオで見ていた風間俊介から「これ、アレンジって呼んでるの?」と疑問の声が飛んでいた。

 試食後は「あま~い!」と、お笑いコンビのスピードワゴン・井戸田潤のネタをそのままマネしてコメント。先生から「甘いの好きですか?」と聞かれると、「チーズケーキとか、八ツ橋とか」と答え、再びスタジオから「甘いの代表じゃないんだよな」「八ツ橋があそこで入ってくるのがなぁ、岸くんが天才のゆえんだよな」と、あきれと感心の入り交じった声が飛んでいた。

 一方、スタッフから「岸くんは中1のときどんな子だった?」と質問されると、「ヘアワックスに夢中でした」と回答。当時は丸刈りだったというが、その短い毛にワックスをつけていたせいで「汗かくと顔にべったべたワックスが落ちてきて、目が痛いっていう」と学生時代を振り返っていた。

 そんな話をしているうちに、 “春キャベツの細巻き”が完成。岸は「最高!」と出来栄えに大満足で、さらに“春キャベツのプリン”も試食して、「いや~マジか。プリンの甘みなんですけど、キャベツもちゃんと甘みとして参加してくれてて」と絶賛のコメント。しかし、ここでは「あま~い」のギャグは登場せず、スタッフをがっくりさせてしまったようだ。

 最後は、キャベツの芯を使ってきんぴらならぬ“芯ぴら”を作ることに。ところが、芯をおいしく調理するということに半信半疑の岸は、「これまでお世話になったけど、これ失敗な気がします」とレシピに文句タラタラ。ただ、先生はまったく気にする様子もなく、ティッシュで鼻をかんでおり、スタジオは「可愛い」と大盛りあがり。こうして完成した“芯ぴら”は、岸の文句をよそに、しっかりおいしく完成したのだった。

 そんな岸は、「湊くん、クイズコーナー作ったり、なんか爪跡残してたじゃないですか。ちょっと僕怖いです」と、コーナーを乗っ取られるのではないと不安げ。とはいえ、風間が「湊くんとのコンビ、ちょっとクセになってしまいますね」と言っていたところを見ると、今後も湊先生がいる限り、岸もコーナーに呼んでもらえることだろう。

華山いの(はなやま・いの)

華山いの(はなやま・いの)

1984年生まれのフリーライター。30歳目前で初めてジャニーズにハマる。

最終更新:2021/03/16 15:00
Aneひめ vol.10
岸くんとキャベツ……イイ!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

King&Prince・岸優太、甘い食べ物といえば「八ツ橋」!? ロケ中の一言に「岸くんが天才のゆえん」と共演者感心のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ岸優太King&Princeのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL