たくましい女たち

スキャンダルで“消えかけた”女性タレントたちは今……改名して『関コレ』出演、不動産企業の代表に!?

2021/03/14 10:00
サイゾーウーマン編集部
この投稿をInstagramで見る

LynnHonoka(@lynnhonoka)がシェアした投稿

 

 2016年、当時未成年だったにもかかわらず、交際相手であるゲスの極み乙女。・川谷絵音と一緒に飲酒したとして、事務所を解雇されたほのかりんだが、今年5月に上演される、人気アニメ舞台版『厨病激発ボーイ』で、ヒロイン・聖瑞姫役に抜擢されたことが発表となった。ほのかの舞台出演は『WILD HALF~奇跡の確率~』以来7年ぶり。一時はスキャンダルで消えかけていたほのかだが、逆境をはねのけ、復帰の階段を登っているようだ。

 ほのかは事務所解雇後も音楽活動を続け、また17年には講談社主催のアイドルオーディション「ミスiD2018」のセミファイナリストに選ばれた。そんな中、今年に入り活動が活発化。3月1日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)でのグラビアが話題になり、その後、本舞台でのヒロイン抜てきにより、さらに注目を浴びている。

「音楽だけでなくなく、グラビアや女優業など、幅広く活動を行っていくようですね。『プレイボーイ』では喫煙者であることを告白し、『たばこ吸ってる女ってエロくないですか?』などと際どい発言もしています。こうした、清純派とは一線を画す“危うい一面”が魅力となり、ファンを獲得できるといいのではないでしょうか」( 芸能ライター)

 ほのかの場合、未成年飲酒により窮地に陥ったが、ほかにもスキャンダルによって仕事を追われた女性タレントは数多く存在する。

「多いのは不倫スキャンダルですかね。ダウンタウン・浜田雅功との不倫関係をすっぱ抜かれたグラビアアイドル・吉川麻衣子などが代表的な例です。彼女はその後、完全に芸能界からフェードアウトしてしまいましたが、中には逆境をはねのけて、復活する人もいます」(同)

 大塚愛と婚姻関係にあったRIP SLYME・SUと不倫スキャンダルを起こしたモデル・江夏詩織もその一人。江夏は、17年に不倫が報じられる以前から、大塚の住む自宅に無言電話をかけたり、深夜にピンポンダッシュするなど、嫌がらせをしていたとも伝えられ、ネット上で大バッシングを浴びた。

「18年に、大塚とSUは離婚。江夏は2年間沈黙を続けましたが、昨年『栞』と改名し、写真集製作を支援するサービス『Photobook Base』より、モデルとして初のスタイルブック『genzaichi』を発売したことが話題となりました。今年に入ってからも関西最大級のファッションイベント『関西コレクション2021 SPRING&SUMMER』へ出演。少しずつではありますが、 仕事が増えているようです」(同)

 事務所の先輩である小倉優子の夫(当時)、ヘアメークアーティスト・菊地勲と不倫したグラビアアイドル・馬越幸子は、事務所を追われて芸能界を引退したが、意外な業界で活躍している。

「彼女はなんと、不動産会社の代表取締役になっています。渋谷に本社を、新大久保に支店を構え、精力的に働いているようですよ。公式サイトでは、本人自ら顔出しをして、自社をPRしています。今年1月には、自身のTwitterで、大吉のおみくじを引いたことを報告するなど、元気な姿を見せています」(同)

 スキャンダルを起こして芸能界から消えかかっているといえば、昨年1月、東出昌大との不倫関係が明るみになった唐田えりかも思い浮かぶ。彼女もほのかや江夏、馬越のように、再び元気な姿を見せてくれるだろうか。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2021/03/14 10:33
小倉優子の毎日ほめられ ごはん
事務所の稼ぎ頭の夫と不倫なんて、根性のすわり方が違うよ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

スキャンダルで“消えかけた”女性タレントたちは今……改名して『関コレ』出演、不動産企業の代表に!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL