『おちょやん』解説

朝ドラ『おちょやん』倉悠貴演じるヨシヲは腐りきったヤクザ? 「弟」の名を隠し続けた浪花千栄子の意思

2021/03/13 17:00
堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

現在放送中のNHK連続テレビ小説『おちょやん』。ヒロインの実父を演じるトータス松本がなにかとネット上で叩かれ、朝ドラ史上“最悪の父親”となりつつある一方で、ヒロインを支えるキャラクターたちの芝居に魅せられる人も増えているよう。そんな登場人物について、『あたらしい「源氏物語」の教科書』(イースト・プレス)などの著作を持つ歴史エッセイストの堀江宏樹氏が歴史背景からひもとく!

朝ドラ『おちょやん』倉悠貴演じるヨシヲは腐りきったヤクザ? 「弟」の名を隠し続けた浪花千栄子の意思の画像1
『おちょやん』公式サイトより

 NHK連続テレビ小説『おちょやん』の第12週「たった一人の弟なんや」。かなりびっくりさせられる内容となっていましたよね。

 ヒロイン・竹井千代(杉咲花さん)と弟・ヨシヲ(倉悠貴さん)が久しぶりの再会を遂げるのですが、ヨシヲは相当な外道に成り下がっていたのです。なにより、金のためなら悪事をしても平気という腐りきった男になっているのは、困ったことでした。

 「神戸の会社に勤めている」と語るヨシヲの言葉に、千代は喜びます。しかし、ヨシヲの言葉は全てウソ。実際の彼はヤクザの下っ端で、その頃の道頓堀で恐れられていた放火犯の一人でした。そう知った時の千代の落胆は、見ているだけでもつらいものがありました……。

 ご存じのように、竹井千代のモデルは、昭和時代の大阪で活躍したコメディ女優・浪花千栄子さんです。浪花さんにも生き別れになった弟はいるのですが、自伝『水のように』(朝日新聞出版)に弟の名前は出てきませんし、彼の「その後」に触れた部分も出てきません。

 しかし、浪花さんが後に養女として迎える女性の父親が、この弟なんですね。浪花さんは、何か不都合がある人の実名を世間に公表していません。『水のように』では、父親の本名(ドラマではテルヲ)は出されていませんが、後に公開したようです。それでも、父親が浪花さんの継母として迎えた女性(ドラマでは栗子)の名前と、浪花さんの弟の名前は公開されないままで、伏せられているのでした。

 「一般人だから公開しなかった」というわけではなく、何らかの意思があって秘められている=何らかの不都合があった、と考えるほうが自然でしょう。ドラマのように実物もヤクザものになっていたかは不明ですが、浪花さんが弟の情報を公開したくなかったことは「事実」なんですね。

 さて、ヨシヲがヤクザものであると一瞬にして証明してみせた、一平(成田凌さん)の「水かけ」にはびっくりしましたが、「なるほどね」と思った読者の方も多かろうと思います。水で濡れたシャツからイレズミが透けて見え、それと伝えていたわけですが、歴史エッセイストである筆者は、「本当にあの時代、イレズミはヤクザのシンボルだったのか?」という疑問が湧いてきたので、ちょっと調べてみました。

連続テレビ小説 おちょやん Part2
一平ちゃんお願い! 千代には幸せになってもらいたいの!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

朝ドラ『おちょやん』倉悠貴演じるヨシヲは腐りきったヤクザ? 「弟」の名を隠し続けた浪花千栄子の意思のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! テレビNHKNHK朝ドラのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL