「元極妻」芳子姐さんのつぶやき100

「ヤクザの裁判」は死刑もアリ! 重罰化がますます進む時代を元極妻が考える

2021/02/28 16:00
待田芳子(まちだ・よしこ)
「ヤクザの裁判」は死刑もアリ! 重罰化がますます進む時代を元極妻が考えるの画像1
神戸地方裁判所 写真ACより

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。

連載が100回に

 おかげさまをもちまして、この連載が100回を迎えました。読者の皆様と、私のような立場の者に書かせてくださる編集部の皆様に、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

 ヤクザはもう絶滅危惧……といわれながら、何かとお騒がせ案件も続いているので、元極妻として思うことはたくさんあります。今しばらくお付き合いいただけますと幸甚です。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

殺人事件でスピード判決

 さて、記念すべき第100回は、私のテーマでもある、ヤクザの裁判です。以前ちらっと書かせていただいた兵庫・尼崎での神戸山口組幹部の射殺事件の実行犯の初公判は、2月8日に即日結審、19日が判決と、スピード裁判でしたね。

 実行犯が起訴内容を認めているということで早かったようですが、まあちょっと早すぎる気もしましたね。しかも公判では「俠(おとこ)として死にたかった」と言ってたのに、即日控訴しましたから、カタギさん的には「アレレ?」かもしれません。

 でも、これは全然アリだと思います。未決勾留のほうがラクだから。未決囚なら、差し入れ屋からお菓子や缶詰などを差し入れてもらったり、自分で買ったりして食べられるし、私服だし、原則として手紙と面会も毎日1回ずつOKです。

 刑が確定してしまうと、自由がまったくなくなります。刑務所から支給される物しか食べられなくなり、手紙や面会の回数も制限されます。男性は丸刈り&舎房着(囚人服)ですしね。特に、獄中(なか)では食べることはすごく重要です。シャバでは甘い物を食べない人でも、「自由に食べられない」ってなると、食べたくなるようです。

 今回の事件は、一審が短かったので、二審、最高裁も長くはかからないのでしょうが、未決囚として過ごす時間が少しでも長いといいですね。

極姐2.0
連載100回はめでたいが、ヤクザの問題もつづく

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「ヤクザの裁判」は死刑もアリ! 重罰化がますます進む時代を元極妻が考えるのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 元極妻・芳子姐さんのつぶやきのニュースならサイゾーウーマンへ!