[ジャニーズ最新言行録]

King&Prince・永瀬廉、ラジオでパンツのゴム「パチン!」の音をオンエア!? 「めっちゃ音入ってる」とファン興奮のワケ

2021/02/27 08:00
華山いの(はなやま・いの)
確信犯ですか?

 King&Prince・永瀬廉がパーソナリティを務めるラジオ番組『King&Prince 永瀬廉のRadioGARDEN』(文化放送)が2月25日に放送された。

 最近、永瀬はKis-My-Ft2・玉森裕太出演の『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)や関ジャニ∞・大倉忠義主演の『知ってるワイフ』(フジテレビ系)、『天国と地獄〜サイコな2人〜』(同)などのドラマ鑑賞にハマっているという。

 また、動画サイトでは“軍隊アリの巣の動画”にハマっているようで、「自分たちの体で、何万匹のアリが連結させて巣を作ってんの!」「大移動してる様もすごいの!」と熱弁。見た目はグロテスクだというが「中身を知るとすごいな」と思ったようで、「好きなタイプ改めようと思いますね。見た目じゃなくて中身やなと。根本から変わってった気がする」と、考え方まで変わったと明かしていた。

 また、この日はリスナーの悩みに甘い言葉をかけて解決する『王様のお悩みスイーツ』のコーナーをオンエア。3月に卒業を控えた高校生から「同級生に好きな人がいますが、その人に1カ月前に彼女ができました。大学は分かれるので最後に写真を撮りたいと思っているのですが、写真を撮ったら諦められない気がします。どうしたらいいでしょうか?」と相談が寄せられた。

 これに永瀬は、相手と彼女は付き合い始めたばかりということもあり「多分ずっとくっついてるよ、家で。ずっとほっぺすりすりしてるよ。静電気生まれるくらいほっぺすりすりしてるよ」と予想。そのうえで、リスナーに対しては、大学に進むと新たな出会いが増えることから、「写真撮らないほうがいい気がする」「これを機に割り切るしかないんじゃない? むしろナイスなきっかけ」とアドバイス。そして、「困ったら俺がおるから」と甘い言葉を投げかけていた。

 ただ、甘い言葉を言うのが「すごい恥ずかしかった、内心。だからスウェット穿いてるんやけど、その下のパンツのゴム『パチン!』やってもうた」と告白。「その音、拾ってないといいけどな。すごい恥ずかしい、拾われてたら。ダブルでね」と笑いつつも、「キンプリおるから! 気になる人ができるまで俺らで埋めてください。大学生活頑張ってください」とエールを送っていた。

 一方で、「友達だと思っていた男友達に告白されて断ったけど、メール友達でいたい」との相談内容には、「断られて、メール続けられたら『あれ?』って思っちゃう、俺やったら」「俺が男の子の立場なら続けたくないなぁ」とコメント。「男からしたら告白断られてるからね、メールも今まで通りの気持ちでしづらくなる」と話し、振られた男の子に向けて「俺がおるやん。フフフ(笑)」とメッセージを送っていた。

 どうやら永瀬は、「俺がおるやん」という甘いセリフに味をしめたようで、「だいたいこういう恋愛系のお悩みはこれで片付くのよ」「決めた! こういう恋愛の一言は『俺がおるやん!』にする」と、決めゼリフとして採用したようだ。とはいえ、「(悩み相談の)内容にはちゃんと向き合う!」と念押ししていた。

 ちなみに、音が拾われていたら恥ずかしいと言っていたパンツの音はしっかり「パチン!」とラジオに流れており、ファンから「パンツの音めっちゃ入ってる(笑)」「パンツをパチンとする音拾われてたよ~」「一回聞こえると毎回意識しなくても聞こえてくるね! 結構セクシーパンツの音、主張してる(笑)」との声が集まっていた。

華山いの(はなやま・いの)

華山いの(はなやま・いの)

1984年生まれのフリーライター。30歳目前で初めてジャニーズにハマる。

最終更新:2021/02/27 08:00
King & Prince CONCERT TOUR 2020 〜L&〜(初回限定盤 Blu-ray)【Blu-ray】
照れると股間触っちゃう系男子かー

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

King&Prince・永瀬廉、ラジオでパンツのゴム「パチン!」の音をオンエア!? 「めっちゃ音入ってる」とファン興奮のワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ永瀬廉King&Princeのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL