伊藤まきの「お片付けSOS」相談!

洗濯物は「畳まない」でOK! ダイソー・ニトリ・スリコほか「進化系ハンガー」6種を比較レビュー!

2021/02/08 19:30
伊藤まき(いとう・まき)

整理収納アドバイザー1級で収納ライターの伊藤まきが、家の中の “片付かない”ちょっとした悩みを“簡単で安く”解決するコツを提案します!

洗濯物を畳まない生活に! ハンガーを換える8つのメリット

(C)maki_organize

 洋服の収納が足りないと悩むお家ほど、クローゼット内のハンガーがバラバラです。収納に興味がない方にとって、すでにあるハンガーを買い換えるのは「もったいない」と感じてしまいがち。でも、こんなメリットがあるとしたらどうですか?

[1]クローゼットの収納力が倍になります
[2]Tシャツの折りジワがなくなります
[3]パイプに掛けやすくなり、イライラが減ります
[4]洋服の数を減らすことができます
[5]視覚的にスッキリして、テンションが上がります
[6]衣類の増えすぎを管理できるようになります
[7]洋服をスムーズにかけられるようになります
[8]洗濯物を畳まなくてもよくなります

 今回紹介する「進化系ハンガー」なら、8つのメリットがあるうえに、予算はカットソー1枚程度で抑えることができます。(※記事内の価格、重さはすべてライター調べ)

[はじめに]ハンガーの流行とサイズについて

太さや素材が違うハンガーのように、洋服もバラバラに(C)maki_organize

 スリムなハンガーを揃えるだけで「クローゼットの収納力がアップ」するのは、もはや収納の基本。これまでも、100均のカラフルなプラスチック製から、ベルベット素材の滑らないハンガーの流行がありました。

(C)maki_organize

 例えば、コスパの良い「ノンスリップハンガー」が知られています。30〜50本入りで1,500円前後ですが、欠点もあります。市場に多い、男性用サイズ(45cm)を選ぶと首元が伸びやすくなります。女性には、38〜40cmがベストサイズなので注意が必要です。また、長く使うと毛羽立ちやすい、折れやすい、首元が緩みやすいなどの問題が出ます。

 これらの欠点をなくしたのが、進化系「滑りにくいハンガー」です。

首元が伸びない「進化系ハンガー」がおすすめ!

エリ元が伸びにくい形状に進化(C)maki_organize

 丸首の洋服をかけやすくした形状のため、襟が伸びにくくなったのが「進化系ハンガー」です。いろいろなメーカーから発売されていますが、揃えやすいメーカーを例に紹介したいと思います。

3人子持ちで起業した理系の主婦が名もなき家事をサクッと解決します!
畳まなくて済む努力なら惜しまないんだから!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

洗濯物は「畳まない」でOK! ダイソー・ニトリ・スリコほか「進化系ハンガー」6種を比較レビュー!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 「お片付け・お掃除SOS」伊藤まきのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL