【管理栄養士が厳選「ズボラ飯」のススメ】

弁当チェーン3店、プロが勧める「500円以下メニュー」! “コスパ重視”の格付け結果は?【ほっともっと、ほっかほっか亭、オリジン弁当】

2021/01/29 21:00
川村郁子(管理栄養士)
Wikipediaより

「おいしいごはんが食べたい、でも自炊するのはめんどくさい!」そんなズボラ女子の救世主といえば、コンビニ・ファミレス・ファストフード! 毎日の食事をおいしく楽チンにするため、“お酒とおつまみ大好き”管理栄養士・川村郁子先生に、さまざまなテーマに合わせた「おすすめメニュー」を聞いちゃいます。

大手弁当チェーン3店、500円以下“コスパ最強”メニューはコレ!

 外食が増えると、どうしても出費がかさみますよね。そこで助かるのが、食費を抑えながらバランスのいい食事ができる「お弁当」。ほっともっと、ほっかほっか亭、オリジン弁当の大手チェーンでは、500円以下のメニューも多く、お財布にとても優しいんです。ということで今回は、管理栄養士の川村先生に、大手弁当チェーン3店の“おすすめ高コスパメニュー”を紹介してもらいました。

――「お弁当」を選ぶときは、何に気をつけるべきなのでしょうか?

川村郁子先生(以下、川村) できる範囲で構いませんが、やはり“バランス”を意識してほしいですね。野菜が不足していないか、揚げ物ばかりで脂質を摂りすぎていないかなど、1日分の栄養バランスも考えつつチェックしてみましょう。考えるのが面倒な場合は、メニューの写真を見て、赤や緑、黄色や黒などが入っている“カラフルなお弁当”を選ぶと、比較的バランスがとりやすくなりますよ。

――それではまず、「ほっともっと」の500円以下メニューから、おすすめを紹介してください。

川村 まずは、「肉野菜炒め弁当」(482円、価格は全て税抜き)がおすすめですね。キャベツ、玉ねぎ、もやし、ニンジン、枝豆が入った具だくさんの肉野菜炒めが魅力的。キャベツにはビタミンC、玉ねぎともやしにはカリウム、ニンジンにはβカロテン、枝豆にはたんぱく質やビタミンB群など、さまざまな栄養素が補えます。カロリーは646kcalで、お弁当メニューとしては控えめなのも評価できるでしょう。

ほっともっと公式サイトより

 500円からはみ出てしまいますが、「プラスベジしょうが焼き弁当」(556円)もいいです。ほっともっとには「プラスベジ」シリーズという、サラダが入っているお弁当があります。お弁当で生野菜を食べられるというのは、とても魅力ですね。しかも、レタスや枝豆、トマト入りのドレッシングなど、いくつかの野菜が一緒に摂れるのも高評価。500円以下なら「プラスベジから揚弁当(4コ入り)」(454円)もありますが、揚げ物ではない「プラスベジしょうが焼き弁当」を推します。

 ご飯の量を少なめにすることも可能なので、カロリーや糖質が気になる人にもありがたい。また、白米の代わりにもち麦を選べるなど、健康を意識する方にうれしいサービスやメニューがあるのも、見逃せないポイントです。

みそ汁はおかずです
みそ汁が飲みたくなってきた

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

弁当チェーン3店、プロが勧める「500円以下メニュー」! “コスパ重視”の格付け結果は?【ほっともっと、ほっかほっか亭、オリジン弁当】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 管理栄養士が厳選「ズボラ飯」のススメのニュースならサイゾーウーマンへ!