[ジャニーズ最新言行録]

King&Prince・永瀬廉、高橋海人の車の運転は「遅すぎて逆に捕まる」!? 「すごい目が泳いでる」とヤバさ告白

2021/01/09 08:00
華山いの(はなやま・いの)
King&Prince・永瀬廉、高橋海人の車の運転は「遅すぎて逆に捕まる」!? 「すごい目が泳いでる」とヤバさ告白の画像1
走ったほうが速いドライブ……キュンです

 King&Prince・永瀬廉がパーソナリティを務めるラジオ番組『King&Prince 永瀬廉のRadioGARDEN』(文化放送)が1月7日に放送。今年の個人的な目標として「早寝」を掲げた永瀬は、最近は寝る時間が明け方の3~4時なんだとか。なかなか眠くならないのが理由のようだが、「このままだと老化が早まる心配があるから」と、今年から早く寝るように心がけると抱負を語った。

 そして、アイドルとしての目標は「ライブはやりたい」と意気込む場面も。「年に1回の楽しみでもあって、それは俺らにとってもそうやし。前回無観客でやったけど、みなさん溜まってるでしょ? 俺らに会ったら失神しちゃう子もいるくらい溜まってる子もおると思うから。なんとしても凝りというかそういうものをほぐしていきたいなぁ」と言い、「だから目標は“ライブをする”」と力強く語った。

 またこの日は、リスナーからのメールをきっかけにファンクラブ会員向けサイトで配信された「ドライブ企画」の裏エピソードについてトーク。グループ初のドライブ企画だったが、中でも高橋海人は「ドライブ収録の前日に免許とったみたいで」と免許取り立てだったとか。永瀬いわく高橋の運転は「くそヘタでした、あいつ。ヤバい!」「あれ、俺らいなかったらぶつけてたで、車。ひどかったなあ」と、かなり危なかったようで「マネジャーも焦ってた」と話した。

 さらに「あいつ(運転スピードが)遅かったよ、普段から。たぶん走ったほうが速いってくらい遅かった。逆に捕まるでって感じになってた」と裏エピソードも明かし、「神宮寺(勇太)が教官みたいになってたもん。『そこ一時停止ね!』みたいな。すごいアドバイスしてて」「海人も海人で、すごい目が泳いでるのが伝わったもんね」と語った。

 ただ、現在は高橋の運転技術も少しは向上し、「次のドライブ企画では、海人の上手な駐車が見れるんじゃないかな」とコメント。高橋の運転技術も見どころになるとしながら、「今度は箱根とか行きたいよね。ドライブインで(運転を)交代みたいな」と、早速次のドライブ企画を提案していたのだった。

 また、昨年末に放送された『ベストアーティスト2020』(日本テレビ系)のグループ別シャッフルメドレーで、ジャニーズWESTの「ええじゃないか」を歌ったKing&Prince。本番では「ええじゃないか」とタイトルをさけぶところで、岸優太が頭の上で腕を使って“A”の文字を作っていたが、実は足と手を使って“B”の人文字を作る計画を立てていたことを告白。

 ただ、リハーサル映像を確認したところ顔のアップしか映っていなかったため、「これは伝わらないな……」と泣く泣く辞めたんだとか。「ええ(A)じゃないか」と言っているのに「B」にするところが、「俺らの中ではすごい面白かった」とメンバーは盛り上がっていたようで、「やりたかったなぁ」とつぶやいていた。

 この放送に、ファンからは「ぜひぜひドライブ企画第二弾、goto箱根やってほしい!」「ドライブ企画のぐうじさん、先生感がマジ頼れるし、箱根になった際にはサービスエリアで買い食いとかも見てみたいな!」「去年のドライブ企画ほんと良かったよね。お正月に深夜枠で流してもいいくらい面白かった。海ちゃん本当に可愛かったし、次回作期待してます」との声が多く集まっていた。

華山いの(はなやま・いの)

華山いの(はなやま・いの)

1984年生まれのフリーライター。30歳目前で初めてジャニーズにハマる。

最終更新:2021/01/09 08:00
King & Prince 2021.4-2022.3 オフィシャルカレンダー
失神するほど溜まってます

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

King&Prince・永瀬廉、高橋海人の車の運転は「遅すぎて逆に捕まる」!? 「すごい目が泳いでる」とヤバさ告白のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズwestKing&Princeのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL