2020年ネトフリドラマ総括

韓流に負けた蜷川実花『Followers』、『今際の国のアリス』の可能性ーーNetflix国内ドラマの課題とは?

2021/01/01 13:00
成馬零一

――『キャラクタードラマの誕生』(河出書房新社)『TVドラマは、ジャニーズものだけ見ろ』(宝島新書)などの著書で知られるドラマ評論家・成馬零一氏が、2020年のNetflix配信の国内ドラマを振り返る。

『Followers』(Netflix)公式サイトより

 2020年の2月から、Netflixの視聴画面で「国内視聴ランキング」トップ10が表示されるようになった。上位を独占しているのは『鬼滅の刃』『呪術廻戦』といった「週刊少年ジャンプ」(集英社)の人気漫画をアニメ化したものと、『愛の不時着』や『梨泰院クラス』といった韓流ドラマだ。

 特に『愛の不時着』は大ヒットし、Netflixの日本法人が12月14日に発表した「2020年、日本で最も話題になった作品TOP10」の1位となった。ポン・ジュノの映画『パラサイト』がアメリカのアカデミー賞の作品賞を受賞し、BTS(防弾少年団)を筆頭とするK-POPが世界中を席巻している今、韓流はブームを超えて日本でも完全に定着したと言える。『愛の不時着』のヒットもそんな流れの中に起こった出来事だが、人気の着火点がテレビでなくNetflixだったことに、時代の変化を感じる。

 国内でサービスをスタートした2015年当初は、映画監督のデビッド・フィンチャーと俳優のケビン・スペイシーが製作総指揮を務めた『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のような豪華な海外ドラマが観られることが、最大の売りとなっていたNetflixだが、国内加入者数が500万人を超えた現在は、話題のアニメと韓流ドラマをいち早く見るためのプラットフォームとして定着しつつある。

 これは国内の需要に適応した結果だが、 ショックだったのは、かつて月9で放送していたドラマのような、女性の憧れを喚起する映像が、韓流ドラマで展開されていたこと。SFやファンタジーの超大作なら日本のドラマと別モノと割り切れるが、韓流ドラマの展開は、かつて日本が得意としたトレンディドラマ的なものである。今はその役割を韓流ドラマが担っているのだろう。

蜷川実花『Followers』と韓流ドラマ『スタートアップ:夢の扉』

 写真家で映画監督として知られる蜷川実花が今年監督したNetflixドラマ『Followers』と比べると、その変化がよくわかる。

 女性カメラマン・奈良リミ(中谷美紀)と女優の卵の百田なつめ(池田イライザ)を中心に、東京で生きる女たちを描いた本作は、蜷川が監督した岡崎京子原作の映画『ヘルタースケルター』のように、おしゃれでポップな東京の風俗が散りばめられているが、80~90年代のサブカルチャーで“おしゃれ感”が止まっているため、豪華だが古臭く見える。

 SNS等、現在の風俗も一応描かれているのだが、東京で夢を叶えようと悪戦苦闘する若者を見せるパートにあまり魅力がない。これは作り手の責任というよりは、今の東京に「憧れ」を喚起する力がないからだろう。

 Netflixで配信されている韓流ドラマと比較すると、それがよくわかる。たとえば『スタートアップ:夢の扉』は、現在の韓国に生きる若者たちの物語を描いているが、やっていることは80~90年代のトレンディドラマと同じように見える。だからこそ、 韓国という国の持つ勢いを思い知らされ、このジャンルで勝負するのは無理だと感じた。

東京
ソウルには「なにか始まりそう感」がたしかにある

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

韓流に負けた蜷川実花『Followers』、『今際の国のアリス』の可能性ーーNetflix国内ドラマの課題とは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ドラマレビューのニュースならサイゾーウーマンへ!