最近よく目にする「文化の盗用」問題とは

キム・カーダシアン、ケイティ・ペリー、アデル……「文化の盗用」でバッシングされたセレブ9人

2020/11/20 18:10
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)

 昨今、海外セレブニュースでよく目にするようになった「文化の盗用」という言葉。セレブに限らず、SNSのインフルエンサーたちも「文化の盗用をした」などと大バッシングを受けることが多々あるが、これは、「自分の属さない文化、民族、宗教などの一部(ファッションやヘアスタイル)を使うことで、その文化、民族、宗教に属する人たちとは乖離したメッセージを展開する」「他民族の文化や宗教などを、あたかも自分のものであるかのように扱う」ことを指す。

 ネガティブに捉えられている理由は、「抑圧者(主に白人)が被抑圧者(黒人、ネイティブアメリカン、ラテン系やアジア人)を虐げてきた歴史」や、「今現在も続いている差別問題を無視して、商業利用のために被抑圧者の文化をつまみ食いしている」から。

 日本では現状、あまり議論が起こらないものの、世界では実に多くの人々が「文化の盗用」を深刻な問題だとし、ネット上で声を上げているのだ。

 今回は、そんな「文化の盗用」バッシングされたセレブのさまざまなケースを見てみよう。

キム・カーダシアン「KIMONO」

この投稿をInstagramで見る

SKIMS(@skims)がシェアした投稿

 リアリティ番組セレブのキムが「全ての女性の体形にマッチする補整下着ブランド」を立ち上げると発表したのは昨年6月のこと。ブランド名はキム(KIM)の名前も入っている美しい日本の単語、「KIMONO(キモノ)」だったのだが、これがたちまち物議を醸した。「着物は日本の文化であるから、下着のブランド名にするなんて侮辱している」「文化の盗用だ!」と批判されたのだ。

 キムが「KIMONO」を商標登録申請していたことも明らかになると、「日本の文化である着物を独占しようとしている」と、さらなるバッシングが巻き起こり、親日家のキムは「そんなつもりはなかった」と謝罪。ブランド名は「SKIMS(スキムス)」に変更した。

 キムは、2017年のハロウィーンにも、黒人R&B歌手アリーヤ、メキシコ系歌手セレーナの仮装をし、「文化の盗用」だと叩かれている。

アリアナ・グランデ「七輪」

この投稿をInstagramで見る

Ariana Grande(@arianagrande)がシェアした投稿

 大の親日家で日本語の勉強もしていた歌手のアリアナ。日本のアニメやかわいいものが大好きで、ポケモンのイーブイ、アニメ映画『千と千尋の神隠し』の千尋のタトゥーを彫るなどのマニア。そんなアリアナが、昨年2月、自身の新曲「7 rings」にちなんで、「七輪」というタトゥーを手のひらに入れたことが、「文化の盗用にあたる」と大バッシングを受けた。

 日本では、七輪といえば調理用に使われるコンパクトな炉のことであり、7つのリング、という意味ではない。日本人からすると「外人が勘違いして彫った恥ずかしいタトゥー」なのだが、海外では「日本の文化をよく理解していないから」「無知からくる日本語への侮辱」であり、「安易に外国語をタトゥーにすることは非常識」だと問題視されたのだ。

 アリアナは、「日本は大好きな国で盗用も侮辱もしているなんてこれっぽっちもない」と悲しみ、「指」とハートマークのタトゥーを追加し、「七指輪(ハート)」に変更した。

アヴリル・ラヴィーン
白人の高校生がチャイナドレスでプロムに行って大炎上したこともあったね

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

キム・カーダシアン、ケイティ・ペリー、アデル……「文化の盗用」でバッシングされたセレブ9人のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 海外のニュースならサイゾーウーマンへ!