[女性誌速攻レビュー]「Domani」12・1月号

「Domani」森三中・大島美幸が2号連続登場! 「ママと呼ばないで」のイケ★ママ路線から脱却?

2020/11/23 16:00
島本有紀子(しまもと・ゆきこ)
「Domani」12/1月号(小学館)

 働くお母さん向けファッション誌「Domani」(小学館)の12・1月号が発売になりました。昨年のリニューアル当時は「ママと呼ばないで」と掲げ、とがったイケてるワーママ(「Domani」ではイケ★ママと命名)路線を開拓しようとしていた同誌ですが、今ではその面影はほとんどなく、すっかりおとなしくなってしまいました。一体どこを目指しているのか。毎号毎号、謎が深まっていく中身を早速見ていきましょう。

<トピックス>
◎2020年→2021年 “じぶんのじかん”、“かぞくのじかん”。
◎これが私たちの『新生活様式』白書
◎帰ってきた“黒スキニー”のトリセツ

大島美幸は「Domani」のミューズ

 今月号のメイン特集は、「2020年→2021年 “じぶんのじかん”、“かぞくのじかん”。」。“新型コロナの影響で家族の時間が増えた今こそ自分の時間も大事”とし、各界で活躍するママたちに「自分」と「家族」のあり方について語ってもらうインタビューを実施しています。女優・寺島しのぶ、森三中・大島美幸、東京五輪出場予定の陸上・寺田明日香選手、ミュージシャン・坂本美雨、作詞作曲家でボーカルプロデューサー・岡嶋かな多氏、弁護士・矢上浄子氏の5人による、ありがたきお言葉が掲載されているんです。

 また、彼女らに夫、子どもたちを加えた家族写真も掲載されているのですが、撮影は、YMOの写真集などを手がけたレジェンド的カメラマンの三浦憲治氏。妙に豪華な仕上がりとなっています。中でもトップを飾った寺島しのぶは、フェンディのツヤッツヤなピンク色セットアップ(40万2,000円)にハリー・ウィンストンのアクセサリー(3点合計268万円)を合わせた、わかりやすく豪華な装い。フランス人の夫と歌舞伎界の将来を背負った長男を伴い、全身で“別格”を表現していたのが印象的でした。

 そして大島美幸は、前号の特集「各界で活躍する、10人のワー/ママから、未来の自分への手紙――『拝啓、10年後の私へ。』」に続き、なぜか2号連続での登場です。

 前号では「10年後といえば、息子は15歳」「10年たったら、私は50歳で夫は58歳」等、当たり前といえば当たり前のことを中心に話していましたが、今号でも「2021年も地道にマイペースに、好きな家事と仕事を続けながらも、世界の状況が少しでもよくなってほしいと思います」と、これまた真っ当な希望を語っています。この“まっすぐな頑張るママ”感こそが、「Domani」の求める理想像なのでしょうか。もしくは編集部に熱心な大島ファンがいる可能性も考えられます。 

 昨年のリニューアル号から、表紙は「私、こう見えてママで編集者で表紙モデルです」がキャッチフレーズの望月芹名が飾り続けていますが、イケ★ママ路線を抜けつつある今、大島さんが表紙の「Domani」をぜひ見たいです。

Domani (ドマーニ) 2020年 12月号 [雑誌]
やっぱりイケ★ママは疲れるよね

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「Domani」森三中・大島美幸が2号連続登場! 「ママと呼ばないで」のイケ★ママ路線から脱却?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性誌レビューdomaniのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL