太っ腹どころではない!

ジョージ・クルーニー、友人14人に「現金約1億円」プレゼント! 「最高にかっこいい」「性格もイケメン」と称賛の嵐

2020/11/19 17:45
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)
ハリウッドにもお金配りおじさんがいた!

 人気男性誌「GQ」が選出する今年最も輝いた男「2020年度メン・オブ・ザ・イヤー」に輝いたジョージ・クルーニー(59)が、14人の親友に現金100万ドル(約1億円)を詰めたスーツケースをプレゼントした理由を説明。ネット上で、「顔だけじゃなくて性格もイケメンなんだ!」と称賛する声が上がっている。

 男の色気を放ちながら「GQ」の表紙を飾ったジョージ。一緒にテキーラブランドを経営していた大親友のランディ・ガーバーが、過去に「ジョージが友人みんなを自宅に招き、100万ドルの現金が入ったスーツケースをプレゼントした。税金も支払ってくれていたから、みんな100万ドル丸々もらったんだ」と明かしたことについて聞かれると、「(妻の)アマル(・アラムディン)と出会ったばかりで、まだ交際はしてなかった頃の話なんだけど」と前置きし、「52歳くらいだったかな、ほとんどの友達は自分より年上でさ」「みんなシングルでね」と、自分たちは独身のまま年老いていくのかと思っていたと回想。

 そんな時、出演した『ゼロ・グラビティ』で思いがけず大金を手に入れたのだと語った。

 ジョージは、2013年に公開されたサンドラ・ブロック主演のSF映画『ゼロ・グラビティ』に出演する際、製作費を抑えたい製作会社の提案を受け入れ、「ギャラは興行収入からの分配金でもらう」という契約を結んだ。映画は世界興行収入7億ドル(約726億5,000万円)を超える大ヒットとなり、同様の契約を結んだサンドラは、少なくとも7,000万ドル(約72億6,000万円)を手に入れたと報道。出番は少なかったものの、ジョージもかなりの額のギャラを手に入れたとみられている。

 「自分が手に入れたものは、35年間にわたり、何かしらの形で自分を助けてくれた友人たちのおかげ。貧乏で金欠だった頃、ソファーで寝かせてくれたり、お金を貸してくれたりしたんだ。助けが必要だった時に助けてくれたんだ。自分も彼らが助けを必要としていた時に、手を差し伸べたりしてね。俺たちはみんな、いい友達なんだ。彼らなしじゃ、今の自分はないんだ」と熱く語ったジョージは、「もし自分がバスにはねられたら、みんなに遺産がいくような手続きをしているほど、親しい関係だからね。(『ゼロ・グラビティ』のギャラを手に入れて)バスにはねられなくても、みんなにお金を渡せるじゃん! って思ったんだよ」と明かした。

 ジョージは続けて、このことが報道された時、ラスベガスで自分よりかなり金持ちの“嫌な野郎”から、すれ違いざまに「なんであんなことしたんだ?」と聞かれ、「お前はなんでやんないんだよ。卑劣漢だな」と返したと告白。ネット上で、「最高にかっこいい!」「友達思いで感動的」と称賛する声が続出し、「ジョージにとっては大したお金じゃなかったのだろうけど、なかなかできることじゃない」「外見も性格もイケメン!」と大きな話題になった。

 ハリウッドのプレイボーイとして名をはせたジョージだが、14年にアマルと再婚。17年には男女の双子をもうけ、現在は家族思いの男として知られている。夫婦共に慈善活動に熱心で、今年4月には新型コロナ対策支援として世界各地にある7団体に、合計100万ドル以上を寄付。8月にアマルの出身地であるレバノンのベイルートで大爆発が起きた直後にも、被害者救援のため、赤十字などに10万ドル(約1,030万円)を寄付したと伝えられている。

堀川樹里(ほりかわ・じゅり)

堀川樹里(ほりかわ・じゅり)

6歳で『空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン』にハマった筋金入りの海外ドラマ・ジャンキー。現在、フリーランスライターとして海外ドラマを中心に海外エンターテイメントに関する記事を公式サイトや雑誌等で執筆、翻訳。海外在住歴25年以上。

記事一覧

最終更新:2020/11/19 17:45
ゼロ・グラビティ DVD
親友になりたいハリウッドスターNo.1でしょ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ジョージ・クルーニー、友人14人に「現金約1億円」プレゼント! 「最高にかっこいい」「性格もイケメン」と称賛の嵐のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 海外のニュースならサイゾーウーマンへ!