さすがというべきか……

市川海老蔵、小林麻耶の夫をいち早く“危険視”していた!? トラブル続出の結果に「警戒して正解」と関係者

2020/11/14 12:00
サイゾーウーマン編集部
市川海老蔵、小林麻耶の夫をいち早く危険視していた!? トラブル続出の結果に「警戒して正解」と関係者の画像1
市川海老蔵公式ブログより

 11月12日、TBS出身のフリーアナウンサー・小林麻耶が、情報番組『グッとラック!』(TBS系)を降板。さらには、所属していた芸能事務所「生島企画室」から契約を解除され、業界内外に衝撃を与えている。現在、複数のメディアで、タレントで整体師の夫・あきら。による“麻耶の仕事への介入”について報じられているが、「いち早くあきら。を警戒していたのが、市川海老蔵」(テレビ局関係者)だという。

「麻耶といえば、2017年に妹・小林麻央さんを乳がんで亡くしています。麻央さんには、歌舞伎俳優の夫・海老蔵との間に生まれた2人の子どもがいて、麻耶は妹の亡き後も可愛がっていました」(芸能ライター)

 一時期は、麻耶が海老蔵の公式ブログにたびたび登場し、“熱愛説”も浮上していたが、麻耶は18年7月にあきら。と結婚。同8月には当時の所属事務所「セント・フォース」との契約を終了し、芸能界を引退したものの、19年5月から「生島企画室」に所属して表舞台に復帰した。

「翌月にはあきら。も『生島企画室』所属となったことを報告していて、夫婦でメディアに出る機会も増えていました。麻耶は、今年2月から古巣であるTBSの『グッとラック!』で木曜レギュラーに起用され、11月3日にはYouTubeチャンネル『コバヤシテレビ局』の配信も開始。しかし、12日早朝にあきら。と行った生配信で、『グッとラック!』のスタッフからイジメを受けたため、自己判断でロケを休んだ結果、番組を降板になった……などと暴露しました」(同)

 麻耶はこのとき、番組のチーフプロデューサーや事務所社長への“皮肉”も口にしていたが、配信終了後、「生島企画室」は公式サイト上で麻耶の契約解除を報告TBSも麻耶の『グッとラック!』降板を正式発表し、大騒動に発展している。「番組関係者はイジメを認識しておらず、麻耶の言い分に困惑している」(同)というが……。

「現在、複数のメディアが、麻耶の仕事にあきら。がついてきたり、口出しするようになっていた、などと伝えています。こうした報道から、今回の降板騒ぎに関しても『夫の意思が働いているのでは?』と指摘するマスコミ関係者も。また、『海老蔵は早い段階からあきら。を“危険視”していたのだろう』といった声も出ています」(前出・関係者)

 というのも、あれだけ頻繁にブログに登場していた麻耶の名前が、あきら。との結婚前後からまったく出てこなくなっていたのだ。

「海老蔵は彼女たちの結婚発表当日にはコメントを出さず、2日たってようやく、ブログで『麻耶さんの結婚は当然おめでたいし嬉しいことです』と触れた程度。当時、一部マスコミ関係者の間では、海老蔵があきら。に対して不信感を抱いているとうわさされており、実際に結婚後、麻耶と海老蔵どころか、子どもたちとの交流もほとんど伝わってきません。結果的に今、あきら。の影響を受けたであろう麻耶が仕事でトラブルを起こしている……といった不穏な話題が報じられていますから、海老蔵は彼を警戒していて正解だった、ということでしょう」(同)

 海老蔵がどこまで危惧していたかわからないが、距離を置いたのは正しい判断だったのかもしれない。果たして夫婦の行く末は――。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/11/14 12:00
ブリカマぶるーす
いったいどうしちゃったの?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

市川海老蔵、小林麻耶の夫をいち早く“危険視”していた!? トラブル続出の結果に「警戒して正解」と関係者のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレント男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!