ズレすぎ……

黒木瞳、伊藤健太郎への“エール”で思わぬ批判!? 「被害者のことを何も考えてない」「娘にも甘かった」の声続出

2020/11/09 19:21
サイゾーウーマン編集部
この投稿をInstagramで見る

映画『十二単衣を着た悪魔』公式(@12hitoe_eiga)がシェアした投稿

 11月7日、女優・黒木瞳が監督を務めた映画『十二単衣を着た悪魔』の公開記念舞台挨拶が都内で行われた。同作は、10月29日に道路交通法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕された俳優・伊藤健太郎の主演映画だが、現在、ネット上では、黒木が伊藤にかけたという“言葉”が「的外れ」「被害者のことを何も考えてない」と物議を醸している。

 主役欠席の状態で行われた舞台挨拶では、冒頭で司会者が映画の配給元であるキノフィルムズのコメントを代読。被害者へのお見舞いの言葉とともに、「多くの方々から映画公開に対するメッセージをいただいたこと、そして大勢のスタッフ、キャストが長い時間をかけて尽力してきたことに対して報いたいという思いから、配給会社として決断したものとなります」と公開に至った理由が語られたほか、出演者らが登壇した後は、伊藤の話を控えるとの説明があったようだ。

「そのため、舞台挨拶で黒木が直接伊藤について言及することはありませんでした。ただ、ニュースサイト『スポーツ報知』によると、伊藤は30日に釈放された後、黒木に電話をかけ号泣しながら謝罪し、黒木は『私はこれからも応援しています』とエールを送っていたそうです。また記事内では、伊藤が逮捕された後に黒木が『健太郎が今、1人で留置所にいると思ったらすごくかわいそう。涙が出そうだ』と心配していたとの内容も伝えられています。しかし、ネットユーザーからは『悪いことして逮捕されたのにかわいそうって……考えが甘すぎる』『伊藤健太郎が被害者みたいな言い方。ひき逃げした人にかける言葉ではない』『ドン引きした』など、黒木への批判が噴出しています」(芸能ライター)

 さらに、一部ネット上では、黒木の娘が過去に起こしたとされるスキャンダルまで掘り起こされ、株が落ち始めているようだ。

「2012年8月22日発売の『週刊文春』(文藝春秋)に『女子トイレに閉じ込め服を剥いで写真撮影・青学中等部セレブ子女いじめ主犯格は大物女優の娘』という記事が掲載され、“大物女優の娘”とは黒木の娘を指しているのではないかと、当時大きな話題に。さらに、学校に多額の寄付を行うことで、娘の事件を隠蔽しようとしたといううわさまで広がったものの、この件について黒木が言及することはありませんでした。そのため、真偽はわかっていませんが、ネット上では伊藤に対する黒木の発言を受けて、『娘にも甘かったもんね』『娘の一件以来、黒木瞳にいい印象がない』『被害者の気持ちなんて考えてなさそう』『娘をかばうくらいだから、息子のように思っていた伊藤健太郎が自業自得で拘置所にいても”かわいそう”になるんだ……』などと厳しい意見が続出。伊藤を主演に起用したばかりに、思わぬ角度から批判にさらされることになってしまいました」(同)

 伊藤のことを思うのであれば、心配や激励ではなく「大人としての責任の取り方」をしっかりと教えるべきだったかもしれない。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/11/09 19:21
CINEMA STARS vol.4ISSUE 伊藤健太郎 主演映画「十二単衣を着た悪魔」スペシャルグラビア&インタビュー
伊藤健太郎、お気に入りなのかな?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

黒木瞳、伊藤健太郎への“エール”で思わぬ批判!? 「被害者のことを何も考えてない」「娘にも甘かった」の声続出のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!