高橋ユキ【悪女の履歴書】

【宮城・婚活サイト殺人事件:後編】「胸も大きかったんで、好みだった」女との結婚を夢見て……罪に飲み込まれた男たち

2020/11/13 19:30
高橋ユキ(たかはし・ゆき)

 

世間を戦慄させた事件の犯人は女だった――。平凡に暮らす姿からは想像できない、ひとりの女による犯行。自己愛、欲望、嫉妬、劣等感――罪に飲み込まれた闇をあぶり出す。

写真ACより

 いわゆる〝首都圏連続不審死事件〟で殺人などの罪に問われ、死刑が確定した木嶋佳苗死刑囚(45)は、出会った男性たちからたびたび金を詐取し、うち3名を殺害していた。出会いの場は婚活サイトだ。

 ここに彼女は「結婚相手を探している」と登録し、男性たちに「学校に通うための授業料が必要」だと嘘をついて多額の金を振り込ませたり、ホテルに誘い、睡眠薬入りの飲み物で男性を眠らせた上で、財布から金を盗んで部屋から立ち去るなどしていた。

 木嶋死刑囚の一審裁判員裁判が開かれたのは、さいたま地裁。2012年のことだ。それから2年後、ここで同じように「婚活サイト」が出会いの舞台となった事件の裁判員裁判が行われた。宮城県に住む女・伊藤奈苗(仮名)は、埼玉県行田市在住の男性・黒木誠さん(仮名)とサイトで出会い、結婚をほのめかしながら多額の金を貢がせた揚げ句、黒木さんを殺害した。

 だが彼女自身が手を下したわけではない。実行犯は、同じく婚活サイトで出会った別の男・鈴木光俊(仮名)だった。男は惚れた弱みにつけ込まれ、身も心も操られていた。

(前編:【宮城・婚活サイト殺人事件:前編】木嶋佳苗に続いた“セックスと金”の婚活オンナ

蔵王の殺人未遂と埼玉での殺人実行

 「後には引けないからよろしく。返り血を浴びないように眼鏡をかけてね」……奈苗は黒木さんに睡眠薬を飲ませ、寝入った黒木さんにさらにインスリンを注射し、隣の部屋で待機する光俊に声をかけた。一人、黒木さんの部屋に赴いた光俊は、仕事で使っていたL型アングルを手に持ち、床で眠っていた黒木さんの目元や眉間を何度も殴った。

「殺してしまった。間違いなく警察に捕まるが、奈苗さんのことを黒木さんから守ることができた」

 こう思ったというが、しかし黒木さんは脳挫傷や目の損傷など大けがを負いながらも、九死に一生を得ていた。そしてなぜか、光俊のことも警察に話さなかった。罪を逃れたふたり。いま奈苗から離れるか、それともとことん付き合うか。光俊にとっては、運命の分かれ道だったことだろう。ところが、奈苗はこう言ってきた。

「黒木さん名義のクレジットカードを作って、楽天で指輪を買ってしまった。黒木さんにバレると、これまで以上に取り立てが厳しくなる。ここまで来たらもう、後戻りできない」

 光俊は、奈苗の望みを叶えることを選んだ。退院後の黒木さんを車に乗せ、埼玉県の自宅へ送る途中に、奈苗が黒木さんに睡眠薬入りのコーヒーを飲ませた。自宅に着く頃に黒木さんは目覚めていたが「病院で処方された薬を飲もう」と奈苗がもう一度睡眠薬を飲ませる。黒木さんが再び寝入ったことを確認し、奈苗は言った。

「今度こそしっかりやるんだよ。こんちくしょう、みたいな気持ちでやらないと、だめなんだからね」

 この言葉に背中を押された光俊は、眠り続けている黒木さんの右手を取り、牛刀を握らせた。自殺に見せかけるための方法だった。何度も奈苗と予行演習していたやり方だ。それでも、なかなか決心がつかない。

「実際、黒木さんを殺すのが怖かった。手は小刻みに震えていました。なんとか黒木さんを刺しましたが、全然力が入ってなくて、首の皮が一枚切れたような状態……それで、自分なりに今度こそ、と決意を固め、黒木さんの首を切りました。

 とうとう黒木さんを殺してしまった。これで間違いなく警察に捕まるという思いがありました。ただ……それでも、やっとこれで、奈苗さんを黒木さんから解放することができたという達成感がありました」

 2人は黒田さんを殺害後、彼の現金や健康保険証、指輪、キャッシュカードなどを奪い、部屋を後にした。

木嶋佳苗劇場/神林広恵
高額な金を「援助」という女は要注意

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

【宮城・婚活サイト殺人事件:後編】「胸も大きかったんで、好みだった」女との結婚を夢見て……罪に飲み込まれた男たちのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 悪女の履歴書高橋ユキのニュースならサイゾーウーマンへ!