[ジャニーズメディアの裏側]

嵐、『アラフェス』配信直前も“意気消沈”!? 神宮球場の“試合中断トラブル”で「メンバーも気に病んでいた」

2020/11/03 12:00
サイゾーウーマン編集部
嵐、『アラフェス』配信直前も意気消沈!? 神宮球場の試合中断トラブルで「メンバーも気に病んでいた」の画像1
配信トラブルが起こらないよう、心から祈ってるよ!

 嵐の無観客ライブ『アラフェス 2020 at 国立競技場』が、11月3日に「Johnny’s netオンライン」で配信される。嵐は年内をもってグループ活動を休止するだけに、ファンも今回の『アラフェス』を心から楽しみにしているようだが、関係者によると「同ライブの事前収録時にトラブルを起こしてしまったことで、メンバーは相当気に病んでいた」という。

「今年は新型コロナウイルス感染症の問題により、『アラフェス』も無観客ライブを配信することとなりました。収録は10月24日に東京・国立競技場で行われたのですが、演出で使用された花火や風船が、隣接する神宮球場での東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズの試合に影響。花火の煙や風船がグラウンド内に入ってしまったことにより、2度の中断を余儀なくされたのです」(芸能ライター)

 ジャニーズ事務所は同日中に、公式サイト上に「神宮球場、両球団選手及び関係者、視聴者の皆さまには、ご迷惑をお掛け致しました事を、深くお詫び申し上げます」と謝罪文を掲載した。

「しかし、一部ネットユーザーから『こんなふうに迷惑をかけては、嵐の印象が悪くなる』『活動休止前の大事な「アラフェス」にケチがついた』など、ジャニーズ側への批判が寄せられることに。また、この件に関して、嵐のメンバーがコメントを出さなかった点にも、『なぜスルーしているのか』『メンバーに謝ってほしいわけじゃないけど、イメージダウンになりそうで心配』といった書き込みが散見されました」(テレビ局関係者)

 すると、そんな嵐をフォローするかのように、10月28日付のウェブ版「東京中日スポーツ」が、試合の翌日にはジャニーズ関係者が神宮球場を訪れ、「ヤクルトと中日それぞれに嵐メンバーからの謝罪が書かれた文面と直筆サイン色紙、大量の洋菓子を届けた」との記事を配信。これについても、「お詫びに『サイン』ってズレてない?」などと批判はあったが……。

「コンサート演出を担当する松本潤はもちろん、ほかのメンバーは皆、今回のトラブルやそれに対する批判を受け、かなり気に病んでいたとか。『東京中日スポーツ』も伝えていたように、ジャニーズは両球団に対して事前に『風向きによっては、迷惑をかけてしまうかもしれない』と報告していたそうですが、結局トラブルを招いてしまい、メンバーは意気消沈していたといいます。普段からSNSチェックを欠かさないメンバーもいるだけに、世間の反応も把握していて、『自分たちからも公式に謝罪を出すべきか』と悩んでいたとか」(同)

 本人たちと球団との間では解決しているものの、一部ネット上ではいまだにこの件が物議を醸している。それでも、活動休止前のラストライブであるだけに、ファンには気兼ねなく楽しんでほしいものだ。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/11/03 12:00
This is 嵐 (初回限定盤 2CD+Blu-ray)
嵐のスタッフの緊張感が伝わってくるわ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

嵐、『アラフェス』配信直前も“意気消沈”!? 神宮球場の“試合中断トラブル”で「メンバーも気に病んでいた」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズのニュースならサイゾーウーマンへ!