【番外編】堀江宏樹に聞く! 日本の“アウト”皇室史!!

フランス女性はステイタスを「腹」でアピール!? 貴婦人の“戦闘服”、知られざるファッション事情【ヴェルサイユの女たち】

2020/11/07 17:00
堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

ナチュラルな衣服を愛するように

――3回も着物を着替えると思うと、それはうんざりしますね。髪の毛も小麦粉で固めなきゃいけないし、聞いてるだけで同情しちゃいます。

堀江 過疎化の結果、18世紀後半、貴族たちの拠点はすでにヴェルサイユではなく、気楽に暮らせるパリになりました。ヴェルサイユの化粧師と言っておきながら、『ラ・マキユーズ』の物語がパリで始まるのはそういう理由です(笑)。

 そして「貴族の女は腹で勝負!」といわんがばかりのストマッカーの流行も、よりナチュラルな衣服を愛するようになる後年のアントワネットの趣味の変化もあって、1780年以降は下火になっていきました。

――華美なファッションから、リアルクローズに変化していくんですか。想像もしたことがないヴェルサイユの実態ばかりです。

堀江 このように、まったく知られていない興味深い逸話がヴェルサイユがらみにはたくさんありますね。というわけで『ラ・マキユーズ ヴェルサイユの化粧師』、何卒、よろしくお願いいたします。

堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

1977年、大阪府生まれ。作家・歴史エッセイスト。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業。日本・世界を問わず歴史のおもしろさを拾い上げる作風で幅広いファン層をもつ。2021年3月26日、新刊『眠れなくなるほど怖い世界史』が発売。 好評既刊に『愛と欲望の世界史』『本当は怖い日本史』(いずれも三笠書房・王様文庫)など。

Twitter:@horiehiroki

原案監修をつとめるマンガが無料公開中。「La maquilleuse(ラ・マキユーズ)~ヴェルサイユの化粧師~」

最終更新:2020/11/07 17:01
ラ・マキユーズ〜ヴェルサイユの化粧師〜 1
毒を顔面に塗ってまで美容とは……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

フランス女性はステイタスを「腹」でアピール!? 貴婦人の“戦闘服”、知られざるファッション事情【ヴェルサイユの女たち】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 日本のアウト皇室史のニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL