トンデモがすぎる……

デヴィ夫人、不妊の原因は「九割九分は堕胎」「女性は隠してる」発言で大炎上! 「許せない」「きちんと謝罪すべき」の声相次ぐ

2020/10/26 19:48
サイゾーウーマン編集部
デヴィ夫人、不妊の原因は「九割九分は堕胎」「女性は隠してる」発言で大炎上! 「許せない」「きちんと謝罪すべき」の声相次ぐの画像1
デヴィ夫人オフィシャルブログより

 10月24日に生放送されたバラエティ番組『昼間っから激論バラエティ 胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)で、デヴィ夫人が不妊の原因について「九割九分は堕胎」「全員堕胎です」とコメントし、ネット上で「ひどすぎる」「不妊に悩んでるけど堕胎なんてしたことない」と大バッシングを浴びている。

 番組では、話題になっているニュースや出来事をランキング形式で紹介。その中で、菅義偉政権の目玉政策の一つである「不妊治療の保険適用拡大」を取り上げた際、デヴィ夫人は、保険適用を拡大することについて「それも大事」だとしながら、「それよりも前に、日本の女性たちに掻爬(そうは)をさせないことが一番良い」とコメント。「皆さん知らないけれど、不妊になるのは、あの堕胎(人工妊娠中絶)が原因です。掻爬といって子宮の中を掻くわけですよ。だから先生によっては傷をつけちゃう、子宮内に。そうすると絶対に着床しないんですよ」と、不妊の原因が堕胎にあると持論を展開した。

「この発言を受け、進行役の竹上萌奈アナウンサーが『一部そういった考え方もありますけどね』とフォローを入れるも、デヴィ夫人は『私、絶対正しいです』とまったく譲りませんでした。その後、番組出演者の横粂勝仁弁護士も『堕胎をしていなくても、不妊になっている方がたくさんいらっしゃいますので……』と説明しましたが、『それは嘘です。前に付き合っていた男の人とそういうことにあって「堕胎しました」ということを言えないじゃないですか、女性は。隠してますよ、全員が!』と強く主張ネット上では『何言ってんの?』『ひどすぎる』と視聴者が騒然としていました」(芸能ライター)

 さらにデヴィ夫人は、横粂弁護士の話を遮りながら、「本当に不妊の方いるかもしれない。でもほとんどの原因、九割九分は堕胎です。全員堕胎(が原因)です」と驚きの主張をまくしたてていた。

「そもそも不妊は女性側の問題だけではないという認識が一般的に広まってきている中、こうした発言は常識外れとしか言いようがない。ネット上では『つらい、苦しい思いをして不妊治療を頑張ってるのに、こんなふうに言われると涙が出る』『無責任な発言しないで』『私は堕胎してないけど、妊娠できないから不妊治療をしている。本当に不愉快』と怒りの声が噴出しています」(同)

 その後、次の話題に移る際にデヴィ夫人は「私が先ほど申し上げた数字(堕胎と不妊の相関に関するデータ)に誤りがあったようなので、こちらで謝らせていただきます。失礼いたしました」と頭を下げました。しかし、続けて竹上アナが「先ほど不妊治療の保険適応拡大の話題について、事実と異なる発言がございました。不快に思わせた方々にお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした」と説明しながらあらためて謝罪すると、デヴィ夫人は「事実と異ならないです」と反論。「数字が違っていたかもしれません! それは謝らせていただきます」と、あくまでも統計学的な面での謝罪であることを主張し、自らの意見を最後まで曲げなかった。

 現在もネット上では「許せない発言」「不妊治療している全員に謝れ!」「間違った情報を広めるな」とデヴィ夫人に対するバッシングが相次いでいる。とんでもない誤情報をテレビで発信してしまった罪は、相当重いものだ。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/10/26 20:19
選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

デヴィ夫人、不妊の原因は「九割九分は堕胎」「女性は隠してる」発言で大炎上! 「許せない」「きちんと謝罪すべき」の声相次ぐのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!