【トム・クルーズ知られざる5つのエピソード】「すごく高圧的な人」それとも「信じられないくらい温かい人」?

2020/09/21 18:00
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)
gettyimagesより

 今年5月、NASA(アメリカ航空宇宙局)が、トム・クルーズ主演映画の撮影を国際宇宙ステーションで行うことを発表。企画には米実業家イーロン・マスクが創業した宇宙開発企業「スペースX」も関わっていると報じられ、あまりのスケールの大きな話に、映画ファンのみならず、世界中が驚いた。

 トム主演のメガヒット映画シリーズ『ミッション:インポッシブル』では、滑走中の飛行機の翼の上を走ったり、ドバイにある世界一の超高層ビルで宙吊りになったり、顔が映らないシーンも含めて危険なアクションはすべて自分でこなすトム。『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)では、ビルからビルへ飛び移るシーンで失敗し、右足首を骨折。撮影は一時中断したが、早期に復帰。問題のシーンは本編に採用するなど、「根性のある男」「仕事の鬼」としても高く評価されている。

 今年は出世作『トップガン』(1986)の続編、『トップガン マーヴェリック』が公開される予定だった(アメリカでは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、21年に延期)ことから、これまでの共演者たちがトムのプロ根性を語ることが多かった。今回はトムの出演作品ごとに、「共演者が語る大物俳優トム・クルーズ」を見てみよう。

「ホテルの部屋をシェアすると知って逆上した」ロブ・ロウ

 青春映画の決定版として語り継がれる、フランシス・フォード・コッポラ監督の名作『アウトサイダー』(83)。同作でトムと共演したロブ・ロウは、ポッドキャスト『Armchair Expert』で、同作のオーディションを受けるためにニューヨークに行った時のことを回想。

「(高級ホテルの)プラザホテルに泊まったんだけど、チェックインの時にトムはオレと部屋をシェアしなきゃならないと知って逆上したんだ」

「『エンドレス・ラブ』(81)のエキストラや、『タップス』(81)で7番手しかやってない18歳の若造が、(自分は高級ホテルに1人部屋をもらえるほどの役者だと)ものすごい意気込みを見せていたんだよ。こいつは本物だって思ったさ。でもマジで怒ってたから、笑っちゃったけどね」

「何がすごいって、特定の人たちは、若い頃から何ひとつ変わらないこと。彼は役者を始めた頃からずっと成功を見据えていたんだよ」

トップガン TV吹替初収録特別版 4K Ultra HD+ブルーレイ <初回限定生産>【4K ULTRA HD】
『マグノリア』のトムについても誰か語って〜!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

【トム・クルーズ知られざる5つのエピソード】「すごく高圧的な人」それとも「信じられないくらい温かい人」?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 男性セレブのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ