【連載】彼女が婚外恋愛に走った理由

地味な新婚妻が、元上司と「セックスする関係」に至ったワケ――「スクールカースト1軍」への憧れが、婚外恋愛を後押しした!?

2020/09/06 16:00
サイゾーウーマン編集部(@cyzowoman
(C)いしいのりえ

 家庭を持っている女性が、家庭の外で恋愛を楽しむ――いわゆる“婚外恋愛”。その渦中にいる女性たちは、なぜか絶対に“不倫”という言葉を使わない。どちらの呼び名にも大差はない。パートナーがいるのにほかの男とセックスする、それを仰々しく “婚外恋愛”と言わなくても、別に“不倫”でいいんじゃないか? しかしそこには、相手との間柄をどうしても“恋愛”だと思いたい、彼女たちの強い願望があるのだろう。

 「独身の頃よりもモテるようになった」――既婚者からそんな話を聞くことは珍しくない。家庭を持つ身であるがゆえ、「気軽に遊べる相手」として声をかけられやすいのか、もしくは、「自分のものにならない相手」を魅力的に感じてしまう人を惹きつけているのかもしれない。しかし、後者の場合、“惚れてしまったほう”は、あらゆる苦難に苛まれそうな気もする。

「『彼は私なんか絶対釣り合わない人』という気持ちがありますね。一番しっくりくるのは旦那なんですけど……」

 今回お話を聞かせていただいた彩海さん(仮名)は、30代の既婚者である。ほっそりと色白で控えめな印象の彩海さんが結婚したのは1年半前。そろそろ新婚気分が抜けた時期ではあるが、まだ家庭に対して不満を持つ時期でもないそうだ。

 そんな彼女は、婚外恋愛中の身。「なぜ今?」と尋ねると、彩海さんは申し訳なさそうに「タイミングが悪かったんです、本当に……」とつぶやいた。

4歳年上の彼は「ルックスが好み」、夫は「とてもいい人」

 彩海さんの婚外恋愛のお相手は、以前働いていた職場の上司。4歳年上の彼は仕事が丁寧で優しく、何よりルックスが彩海さんのタイプだったという。

「自分自身が地味で目立つタイプじゃないから、昔スクールカーストで1軍だったタイプの人に憧れるんです。彼はまさにそんな人で……入社した時から彼女がいて、私がその会社を辞めた年に、その彼女と結婚をすることが決まっていました」

 彩海さんは、密かに憧れを抱いていた上司を、一度だけ誘ったことがある。

「ちょうど、彼の結婚が決まり、私もすでに退社することが決まっているという時期でしたね。どうにかこの気持ちを成仏させたくて、飲み会の帰りに、酔った勢いで誘ってみました……結果は惨敗でしたけど」

 その後、次の職場で知り合った男性と意気投合し、交際期間を経てから結婚。同い年の夫のことを、彩海さんは「とてもいい人」だという。

「穏やかで、私の料理を『おいしい』って食べてくれる人。私、結婚してから料理を始めたから本当にヘタなんですよ……旦那のほうが上手です。旦那は釣りが好きで、友人と釣りに出かけた夜にはお魚を捌いて出してくれます。新型コロナが収束したら、私も料理教室に通って、魚の捌き方を習おうかと」

婚外恋愛/亀山早苗
元上司はある意味「アイドル」だったんだね

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

地味な新婚妻が、元上司と「セックスする関係」に至ったワケ――「スクールカースト1軍」への憧れが、婚外恋愛を後押しした!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 彼女が婚外恋愛に走った理由のニュースならサイゾーウーマンへ!