【ジャニーズJr.チャンネル便り】

HiHi Jets・橋本の調理が「ガチで料理できる人」と評判、7 MEN 侍・中村の恐ろしい“独裁者”ぶり明らかに【ジャニーズJr.チャンネル】

2020/08/30 21:00
中村チズ子(なかむら・ちずこ)

美 少年、怪談企画でSnow Manを思い出すファン続出

 22日にアップされたのは「美 少年【浴衣で初体験】怪談話を読んでみたけど…!?」で、美 少年が初めて浴衣姿で「Jr.チャンネル」に登場。概要欄に「夏の風物詩のひとつ『怪談』 ネットで噂される怖い話や都市伝説を朗読してみました。ちょっと笑っちゃったとこもあったけど…夏っぽい動画になったと思います!」「誰が1番怖く上手に読めてるかな?」と記載がある通り、今回は6人が怖い話の朗読に挑んでいる。照明も暗く、明かりはほぼロウソクのみで撮影。不気味な雰囲気作りがバッチリな環境で、冒頭から藤井直樹が「仕事で帰りが遅くなった日のこと。マンションのエレベーターに乗って、自室がある階で降りようとした時、エレベーターが開くと、男の人が立っていた……」と、「あやしい男」のエピソードを紹介していく。

 オープニング後、岩崎大昇が「怖いのみんな苦手?」と聞くと、浮所飛貴は「無理!」と、即答。那須雄登は「怖いもの見たさで見る人」だそうで、浮所によれば、「昔、映画見ている時、脅かしたらガチギレしてた」とか。以降は1人ずつ、おどろおどろしい口調で起伏をつけながら読むメンバー。その間、浮所は何かしていないと落ち着かないのか、やたらと手を動かしていたり、受け手のリアクションも見どころの一つだ。ただ、岩崎の朗読に対して、藤井は「本当に怖くなかった」と、正直にコメント。怪談のはずが、金指一世は「スゲーいい話だった。(胸に)しみたわ」と話しており、藤井から「聞いてました?」と、ツッコまれていた。

 また、合間に岩崎が「よく言うじゃん、そういう(心霊)話をしていると、(霊が)集まってきちゃうとかあるから」と口にすると、藤井も「どうしよう。これ今日、みんな話した話、実際に起きたら……」と、心配。浮所は「マジでそしたらディレクターさんを恨む」と本音をこぼしたが、ここでは「撮影後塩まいておきました」とのテロップが表示されていた。ちなみに、那須が「ストーカー」の話を読んだ後、岩崎が「人の怖さって、結構やっぱあるからね」と述べた際、浮所が「俺の親もめっちゃそうやって言うわ。俺が『おばけマジで怖い』っつーと、『人間が一番怖いからね』って」と、語る場面も(浮所家の教育方針、なかなかシビア……)。

 この動画に関して、ファンの間では「美Tube、怖くて見れない」「怖いの苦手だから、見たくても無理」「やっぱり最後まで見れない……美 少年、ごめんね」といった拒否反応が相次いでいる。どうしても美 少年の姿を拝みたいファンは、音量を小さくするか、再生速度を速めるなど、少しでも恐怖心を取り除いた上での視聴をオススメしたい。なお、「金指くん、怪談読むのめちゃくちゃうまい……」「声のトーン、ボリューム、視線含めて金指くんが一番上手だった!」「怪談話、金指くんが緩急のつけ方がうまくて本当に怖かった」「金指さん、怪談話読むのプロ並みで笑える」と、金指を褒める感想も多く見受けられる。

 そして、トップバッターの藤井の「あやしい男」は、昨年7月27日放送の『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)内で、Snow Manメンバーが体験した「都市伝説ドッキリ」と同じ内容だっただけに、「藤井くんのやつ、Snow Manが仕掛けられてた!」「Snow Manがやってたよね。内容を知っていても怖かった……」と、Snow Man絡みのコメントも上がっていた。こちらは通常の午後8時より約30分遅れで更新され、再生回数は28日時点で24万台。前週の「無音ダンス」は公開後1週間以内に30万台を超えていたものの、今回は好みが分かれる企画とあって、少しペースが緩やかな印象だ。

HiHiB少年写真集『GALAXY BOX』
はしもっちゃんと大昇の料理コラボ期待!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

HiHi Jets・橋本の調理が「ガチで料理できる人」と評判、7 MEN 侍・中村の恐ろしい“独裁者”ぶり明らかに【ジャニーズJr.チャンネル】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズJr.HiHi Jetsのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL