[ジャニーズ最新言行録]

ジャニーズ“最凶”のV6・坂本昌行、「やっぱり怖ぇー」と上田竜也に戦慄! 「まだKAT-TUNが怖い」と告白

2020/08/19 08:00
サイゾーウーマン編集部
KAT-TUNはいったいまーくんになにをしたんだ

 V6の20th Century(坂本昌行、長野博、井ノ原快彦)がパーソナリティを務めるラジオ番組『V6 Next Generation』(JFN系)。8月15日放送回では、ジャニーズ事務所の後輩に関するトークで盛り上がる一幕があった。

 この日のオープニングトークは、坂本が担当。先日、スポーツジムでランニングマシーンを利用していたところ、偶然にもそこにKAT-TUNの上田竜也が入ってきたという。その時、坂本は帽子をかぶり、マスクもしていたが、そのまま「おぉ!」と、声をかけたそうで……。

「そしたら上田くんが俺を見て、一瞬戸惑いながら、『おぉ』って来たんですよ。やべぇ、やっぱり怖ぇーと思って。やっぱり怖ぇーと思っちゃって。“あ、帽子もマスクもしてるから(自分だと気づいていないんだ)”と思って、外したんですね。そしたら、『あぁ、あぁ……あ、どうもお疲れ様です』って。わかんなかったんだろうね」

 最初こそ上田は相手が先輩だと思わなかったものの、帽子とマスクなしの姿を見て、かしこまった態度に変わった様子。顔を見せる前は、上田のリアクションに威圧されてしまった坂本だが、

「でも、ふと我に返った時に、帽子かぶってる、マスクしてるにせよ、後輩に俺ってわかられてないっていうほうのが怖ぇなと思って。そこで上田くんの怖さ(を感じた)というよりも、まだ後輩にも顔を指されてない自分というのも、怖いなと思いました。これからもっと頑張りたいと思います」

と、自虐的なオチをつけて笑いを誘っていたのだった。そんな坂本に、長野は「そこまで隠れてて、わからなかっただけでしょ」とフォロー。井ノ原が「最初、誰だと思ったんだろうね?」と疑問をぶつけると、坂本は「俺もそれ聞けなかったの。なんでかっていうと、怖かったから」「同い年か下なんだろうなって、思ってたんだと思うのよ。リアクションからいうとね。俺が逆に、上田の立場だったらどういうふうにしたのかなと思うと……」と明かしており、上田の真意に触れることはなかったようだ。

 また、坂本が「なかなかね、そういうプライベートで(上田と)会うことなかったので、ちょっと面白かったです」と話すと、「まだKAT-TUNが怖いっていうね、坂本くん」と、茶化す井ノ原。「より怖いですね」とぶっちゃけ、井ノ原に「克服してください」と、言われていたのだった。確かに、上田は見た目こそ“オラオラ系”だが、V6は1995年、KAT-TUNのCDデビューは2006年と、11年もの差がある。にもかかわらず、“ジャニーズ最凶”と称される坂本でも、思わず戦慄してしまったようだ。 

 また、この日の放送にはKing&Princeファンからのお便りが届き、キンプリとのコラボレーションについて語る場面も。『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム、7月31日放送)の未公開トークをオンエアーした部分で、King&Prince・高橋海人が「もし先輩が(番組に)来るとしたら、この先輩と何をやりたい?」と、平野紫耀に質問。すると、平野は「僕も1回歌ったことがある曲なんですけど」と前置きしつつ、V6のシングル曲「君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか」(13年発売)をV6全員とともに歌いたいと告白。加えて、平野は16年発売のシングル「Beautiful World」のカップリング(通常盤)で、20th Centuryの楽曲「不惑」を挙げ、「それが大好きで。俺と神宮寺(勇太)。だから、その時は“ゴニセン”(5人)で歌わせていただきたい」と、答えていたのだ。

 リスナーの報告で事態を把握した3人は、「これが実現したら、平野くんと神宮寺くんが前だろうね」(坂本)「そのほうがいいよ。そっちのが俺たちも落ち着くし」(井ノ原)「やりたい、そのほうが」(長野)と賛同。さらに、坂本は「見てもらえるし」と“キンプリ効果”に期待しているようで、「ぜひやりたいですね」と、意欲を示していた。坂本にとって、前述の上田は近寄りがたい存在である一方、同じ後輩でもキンプリにはあまり距離を感じていないのかもしれない。

 キンプリだけでなく、今後は音楽番組などでKAT-TUNとの本格的な共演も見てみたいものだが……。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/08/19 08:46
LIVE TOUR 2017 The ONES(通常盤)【Blu-ray】
そんなトニの憧れはアルフィーだって

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ジャニーズ“最凶”のV6・坂本昌行、「やっぱり怖ぇー」と上田竜也に戦慄! 「まだKAT-TUNが怖い」と告白のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズv6KAT-TUNのニュースならサイゾーウーマンへ!