みんなエライ!

辻希美、谷原章介、土屋アンナ……私生活公開で反響を集めた“子だくさん”芸能人

2020/08/09 15:00
杜若菖蒲(かきつばた・あやめ)
この投稿をInstagramで見る

ブラックな今日♡ 僕はスヤスヤ♡ #辻希美 #ブラックコーデ

辻希美tsujinozomi_official(@tsujinozomi_official)がシェアした投稿 –

 タレントの辻希美が7月29日放送の『1周回って知らない話 夏の2時間SP』(日本テレビ系)に出演。仕事と子育てを両立する姿を公開し、ネット上に大きな反響が寄せられた。

 辻は現在4児の母親で、SNSのフォロワー数は200万人以上。“人気ママタレ”の座を不動のものにしているが、かつては日常的にネット上でバッシングを受けていた。

「番組ではSNSをやめたいと思いながらも、『やるって決めたからにはすべて最後までやり通す、何を言われても』と決意し、ここまで続けてきたと明かしていました。早朝に起きて子どもを学校に送り出してから、YouTubeの動画を撮影し、夜には子どもを寝かしつけるという1日が紹介されると、ネット上では驚きの声が続出。『子ども1人でてんやわんやなのに、辻ちゃんはホントすごいと思う』『大変そうだけど、楽しそうにしてる辻ちゃんが微笑ましい』『批判に負けず頑張ってほしい、応援してる!』といった声援もありました」(芸能ライター)

 私生活を明かし、反響を集めた“子だくさん”の芸能人はほかにも。芸能界きっての大家族として知られる俳優・谷原章介は、4月28日放送の『うたコン』(NHK)にリモート生出演し、家事の大変さを訴えて称賛の声を集めた。

「自粛生活中、積極的に家事をしていたという谷原は、『最近、水仕事をよくやってる』としつつ、家事の大変さが身に染みたと告白。これまで、妻がゴム手袋を着用しながら水仕事をしていたことに触れ、内心“不要”だろうと思っていたものの、自分でやってみると手荒れすることがわかったそう。特に、家族が多い谷原は家事の大変さを痛感したようで、放送中に『あらためてお詫びしたいと思います。奥さん……えみさん、いつもごめんなさい』と妻に謝罪し、『皆さんも、いつもご苦労さまです』と視聴者のこともねぎらったんです」(同)

 ネット上では、「谷原さんの言葉に救われました……ありがとうございます!」「うちの旦那にも言わせたい!」「イケメンなうえに妻も思いやれるって、もうパーフェクト」などと羨む声まで漏れていた。

 4児の母でモデルの土屋アンナが、7月11日放送の『おかべろ』(関西テレビ)に出演。同番組で土屋は、仕事と子育てについて「両立できない」とキッパリ述べ、ネット上で共感を集めた。

「毎日6時に起床するという土屋は、子どもの朝食と弁当作りから1日が始まるのだそう。その後は、家事と下の子たちの保育所への送迎に追われ、昼はスーパー2軒をハシゴして大量の食材などを調達。番組の中で土屋は、『子育てと(仕事は)両立はできないよ。だから「いいお母さんにならなきゃ」とか、“いいお母さん論”に答えはない。一生懸命生きて、子どものためにやっていたらいいお母さん』と持論を述べつつ、『死ぬときに後悔するから』という理由で、仕事は辞めないと宣言したんです。自分の夢や願望を『子どもができたから』という理由であきらめたくないとも語っており、ネット上で『めちゃくちゃかっこいい!』『4人育てるって並大抵のことではないのに、仕事も充実していて尊敬する』と羨望の眼差しを向けられていました」(同)

 少子化が進む現代、子だくさんファミリーは珍しくなりつつある。だからこそ、彼らのリアルな発信は心に響き、励みになるのかもしれない。

杜若菖蒲(かきつばた・あやめ)

杜若菖蒲(かきつばた・あやめ)

幼い頃からワイドショーが好きで、15歳で「リポーター」と呼ばれていた。趣味はリサーチ、特技は妄想。自慢の“地獄耳”で、些細なゴシップも素早くキャッチします。

記事一覧

最終更新:2020/08/09 15:00
辻希美のズパゲティでつくるバッグ&小物
辻ちゃんはすごい、杉浦太陽はもうちょっと頑張れ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

辻希美「家事の合間に動画撮影」谷原章介「妻に謝罪」私生活明かし反響集めた“大家族”芸能人のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレント男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ