一体何がどうなってるの!?

小倉優子、第三子出産で「主人からの思い遣りに感謝」とコメント! 「離婚危機で別居中なのに」「怖い」マスコミ困惑

2020/07/27 18:25
サイゾーウーマン編集部

この投稿をInstagramで見る

退院して落ち着いてから皆さまにご報告させていただこうと思っておりましたが、本日報道がありましたので、このタイミングでご報告させてください✨ 7月22日、無事に第三子となる男の子を出産いたしました❗️❗️ 出産までは色々と不安な気持ちもありましたが、元気な産声を聞けた時は安堵感でいっぱいになりました😭😭 出産を支えてくれた主人にも、心配してくださった皆様にも心から感謝の気持ちでいっぱいになりました😊❗️❗️ 私達夫婦についての事実とは異なる報道でお騒がせ致しておりますが、主人からの思い遣りに感謝しつつ過ごしておりますので、どうか温かく見守ってください⭐️

小倉優子 ☆ゆうこりん☆(@ogura_yuko_0826)がシェアした投稿 –

 タレント・小倉優子が7月27日、インスタグラムで「7月22日、無事に第三子となる男の子を出産いたしました」と発表。同時に、別居が報じられている歯科医の夫・S氏についても言及したことで、業界内外を騒然とさせているようだ。

「小倉は2011年に美容師・菊池勲氏と結婚したものの、第2子妊娠中に菊池氏の不倫が発覚し、17年3月に離婚。18年12月に現在の夫であるS氏と再婚し、今年2月27日にインスタで『この度第3子を授かりました』と報告した際には、ファンから祝福コメントが寄せられていました。しかしその後、3月11日付の『サンケイスポーツ』が、昨年末からS氏とは別居状態で、離婚危機にあると伝え、世間を驚かせました」(芸能ライター)

 同紙報道の翌日、小倉はインスタで「報道された内容には事実と異なることもありますが、夫を支える妻として私の至らない点がありました。今は家族で穏やかに過ごせる日を心から願い、二人の子供達と新しい命を大切に守って参りたいと考えております」などと投稿したきり、更新を停止。今月14日には「女性自身」(光文社)が、小倉の出産が迫っているにもかかわらず、S氏とは弁護士を通じてしか話せない状況にあると報じていた。

「そんな中、27日付の『サンスポ』が小倉の出産をスクープすると、同日に本人がインスタを更新。マスクを装着し、我が子を抱く写真とともに『退院して落ち着いてから皆さまにご報告させていただこうと思っておりましたが、本日報道がありましたので、このタイミングでご報告させてください』と、あらためて出産を発表。ファンからは温かなメッセージが寄せられています」(同)

 一方、小倉はこの投稿で、夫に関しても言及しているのだが、一部ネットユーザーやマスコミ関係者から「怖い」という声が出ているようだ。

「小倉は、別居しているはずのS氏について、『出産を支えてくれた主人』『主人からの思い遣りに感謝しつつ過ごしております』とつづっているんです。まるで夫婦円満であることをアピールするかのようなコメントに、マスコミ関係者の間では『小倉が何を考えてるのわからない』『おめでたい話題だけど、引いてしまう』といった困惑の声が広がっていますよ。『私達夫婦についての事実とは異なる報道』と書かれているだけに、小倉にも言い分はありそうですが、何がどう違うのか説明は一切なく、もし説明“できない”のであれば、出産報告だけすれば良かったはずです」(テレビ局関係者)

 実際はすでに、夫婦関係が元通りになっていたというのなら驚きだが、次こそはしっかり真相を語ってファンを安心させてほしいものだ。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/07/27 18:25
小倉優子の毎日ほめられ ごはん
もういっそのこと再構築して驚かせてほしいものだよ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

小倉優子、第三子出産で「主人からの思い遣りに感謝」とコメント! 「離婚危機で別居中なのに」「怖い」マスコミ困惑のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ