二代目上沼恵美子なるか

ファーストサマーウイカ、「賞味期限はあと1年」とテレビ関係者語るワケーー欠点は「自分語り」?

2020/07/25 08:00
後藤壮亮
ファーストサマーウイカ公式サイトより

 毒舌アイドル、本音女王、ヤンキーキャラ……テレビに出るたびに、さまざまな呼び名を拝受されては爪痕を残していく女性、それがファーストサマーウイカだ。今年6月に30歳となり、やや遅咲きの感もあるが、昨年1月までテレビに全く出ていなかったことを考えれば、今の怒涛の活躍はそれまでのブランクをチャラにするくらいの勢いだろう。

 日本テレビだけでも、『行列のできる法律相談所』『踊る!さんま御殿!!』『おしゃれイズム』『メレンゲの気持ち』『しゃべくり007』『今夜くらべてみました』など、話題のタレントが“1周目”に出る番組はほぼ制覇。5月には『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(フジテレビ系)でLiSAの「紅蓮華」をモノマネ熱唱するなど、今後の活躍にも期待が掛かるが、テレビだけではなくラジオ番組『ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)のパーソナリティを務めるなど、仕事の幅も広がっている。

 ファーストサマーウイカという、本名の「初夏」からもじり、英語・日本語を重ねたインパクトある芸名。ヤンキー風のヘアメイクを施し、関西弁で本音をズバズバ……。そして言葉の端々から見える知性。これまでにないキャラは、業界人の目に新鮮に映ったのだろう。テレビで見ない日はない状態だ。だが彼女には、ある致命的な欠点があるという。

「彼女は必要以上に自分のことを語りすぎる傾向があります。もちろん、トークバラエティに出れば出自や経歴を語るのは当然ですが、彼女は出た番組出た番組、全てにフルスロットルで話してしまうため、深掘りする素材がなくなっているのです。つまり、タレントとしての賞味期限を自ら早く短くしている。このままでは、あと半年から1年といったところかもしれません」(放送作家)

 お茶の間が「あの人、なんで売れてるんだろうね?」と疑問視する“猶予”期間がどのタレントにもあるものだが、ファーストサマーウイカの場合、その猶予を与えないまま、自ら「売れた理由」や「キャラクター戦略」までを明かしている。

「変わった芸名をつけたことも、ヤンキー風メイクにしたことも、全て売れるための“戦略”だと言い切っています。ゲスト出演した『あちこちオードリー〜春日の店あいてますよ?〜』(テレビ東京系)では、下積み時代に売れている人を研究した結果、タレントのイメージを『3つのワードでたとえられたら売れる』と気づいたんだとか。例えば、オードリー・春日俊彰なら『ピンクのベスト』『1:9分け』『トゥース』の3つでわかるとした上で、『かきあげ前髪』『関西弁』『ヤンキーキャラ』と並んだら、自分が出るようになったらいいなと語ったのです」(芸能ライター)

 これに対して、MCのオードリー・若林正恭は「事務所を立ち上げた社長が言うことだよ」と感心していたが、得てして人気の出始めのときは、謎の正体のまま露出を続けたほうが、視聴者は何かと興味が湧きやすい。それは、テレビ関係者も同じことだという。

「例えば、彼女をインタビューするとき、スタッフは“初出し”の情報を探そうとします。しかし彼女はすでに話をし尽くしている。深堀りできる部分が見えないのです。本来は、事務所が『エピソードの小出し』をコントロールするものですが、彼女はセルフプロデュースに溺れすぎて、足元が見えていないのでしょう」(前出・放送作家)

 これまで本人がテレビで話したところによれば、中学時代は吹奏楽部に入っており、メガネ姿の地味な少女だったこと、生徒会に所属していたこと、高校時代は軽音楽部の部長を務めていたこと、さらにキャリアのスタートは小劇団で、「なんでもいいから売れたかった」と、ある人を頼って上京。アイドルグループ「BiS」に入り、水着姿で客席にダイブする激しいライブパフォーマンスや、ローションを使った過激な握手会を行っていたこと、ブレークしたきっかけが2019年1月のスペシャル番組『女が女に怒る夜』(日本テレビ系)だったことが判明している。

「普通、こうした成功物語はブレークから4〜5年たってから、番組のトーク企画などで本人に追及して語られるものですが……。彼女は真面目すぎる性格なのか、全てをしゃべってしまってます。過去の経歴を邪推をされるのがイヤだから、先に明かしているのかもしれませんね」(同)

 7月22日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演した際は、主にネット上で「あいつはプロデューサーと寝たから売れた」などと陰口を叩かれていると告げた上で、「寝てませんよ〜寝てませんからね〜」と、視聴者に呼び掛けていた。“グレーなこと”を含めてあれこれ邪推して楽しむのが視聴者なのだが、そうしたうわさを自ら正さないと気が済まないタイプなのだろう。

 自分の見え方を気にしすぎるあまり、1日50回はエゴサーチするというファーストサマーウイカ。この記事も十中八九目にすることだろう。ちなみに先の『突然ですが』では、占い師の星ひとみから「2024年に(タレントとして)終わります」と言われていたが、果たして……?
(村上壮亮)

最終更新:2020/07/25 08:00
NAIL VENUS (ネイルヴィーナス) 2020年 06月号 [雑誌]

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ファーストサマーウイカ、「賞味期限はあと1年」とテレビ関係者語るワケーー欠点は「自分語り」?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!