四半世紀続いた番組が……

上沼恵美子の冠番組『快傑えみちゃんねる』が打ち切りへ!? 「7月24日最終回」との情報駆け巡る

2020/07/21 12:00
サイゾーウーマン編集部
『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)公式サイトより

 “関西の女帝”と言われるタレント・上沼恵美子の冠番組『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)について、一部関係者の間で「突如、このタイミングでの“打ち切り”が決まったようだ」と、騒ぎになっているという。

「放送25年の歴史を持つ同番組は、関西では誰もが知るトークバラエティ。歯に衣着せぬトークを繰り広げる上沼が、渦中のゲスト出演者に対してズバズバと質問し、そのやりとりがネットニュースに取り上げられることも多いだけに、関西以外でも番組内で起こったことなら『知っている』という人は多いのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 一方、同番組はこのところ、キングコング・梶原雄太の降板騒動でも注目を集めていた。

「ニュースサイト『デイリースポーツ』の7月2日配信記事で、梶原が6月いっぱいで番組を降板していたことが明らかに。6月29日には、ラジオ番組『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)からも梶原の卒業が発表されたのですが、これに関して上沼が放送中に『梶原くんがね、ちょっともう東京から(行ったり来たりするのが)しんどいって』と説明したのに対し、梶原本人がTwitterで『「忙しくなって東京から行くのがしんどくなったから卒業した」と僕が言った事実はございません』と反論するなど、何やら不穏な空気が漂っていました」(同)

 さらに、7月2日発売の「女性セブン」(小学館)は、上沼が『えみちゃんねる』収録中に梶原を罵倒していたことや、同番組の構成作家である上沼の次男が、母・上沼に梶原の評価を落とすようなことを伝えていたとする“パワハラ疑惑”を報道。

「しかし、在阪のメディア関係者は、どちらかといえば梶原に否定的な見解を示す者が多く、また7月9日深夜放送の『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)では、ナインティナイン・岡村隆史も、梶原が上沼から可愛がってもらっていたことを理由に『しばらくたったらね、「すいません」言うて、謝りに行ってもいいんちゃうかな』と、“梶原からの謝罪”を勧めていました」(芸能プロ関係者)

 業界内だけでなく、ネット上でも「上沼と梶原、どちらが悪いのか」という論争が巻き起こっていたが、ここにきて「突如『えみちゃんねる』の終了が決まったようだ」(広告代理店関係者)という。

「7月24日金曜日の放送をもって『最終回』になるという、どう考えても急すぎる展開です。打ち切るにしたって、普通は番組編成の時期に合わせるはずですから、たとえ今決まったとしても、10月までは放送を引っ張るはず。それなのに“即終了”とは、裏で何があったのか……」(同)

 打ち切りの理由に、梶原の件が関係しているのかはわからないが、正式発表の際はどのような説明があるのだろうか。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/07/21 12:00
時のしおり C/W 人生これから

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

上沼恵美子の冠番組『快傑えみちゃんねる』が打ち切りへ!? 「7月24日最終回」との情報駆け巡るのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! テレビ芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ