高橋ユキ【悪女の履歴書】

「結婚してブラジルに渡ろう」ウソと虚栄にまみれた女スパイと謎の男【藤沢つづら詰め殺人事件:後編】

2020/07/25 17:00
高橋ユキ(たかはし・ゆき)

世間を戦慄させた事件の犯人は女だった――。平凡に暮らす姿からは想像できない、ひとりの女による犯行。自己愛、欲望、嫉妬、劣等感――罪に飲み込まれた闇をあぶり出す。

(前編:ミイラ化した全裸死体ーー離婚した女二人の同居生活、消えた女と庭の遺体

maki.nさんによる写真ACからの写真

近所で不審がられた3人暮らし

 住んでいた家の庭から、つづら詰めの遺体となって発見された檜山逸子さん(45)は、近く弟と住む予定があった。

「逸子は淋しがり屋だから私の宅に5坪ほどの建て増しをして引き取りつもりで設計までしていたんです。それが『美津代が同居して淋しくなくなったから止めてくれ』と言ってきました」(弟の証言)

 藤沢駅前の不動産仲介業者の伝手で、逸子さん宅にて同居を始めたのは鶴岡美津代(当時35)。54年春のことだ。彼女の人目を惹くルックスと、派手な身なりや言動は、淋しがり屋で物静かな逸子さんにも魅力的に映ったのか、やがて何をするにも二人連れとなった。しだいに、近所づきあいや組合費の徴収、挨拶、留守を頼みに来るのも美津代が行うようになり、近所には美津代がこの家の主だと思われていたようだ。

 そのうち家には美津代の“叔父”で、炭鉱の経営者と称する横山太郎(48)が入り浸りになり、逸子さんは次第に奇怪な行動をとるようになったらしい。近所の住民は、当時こう声を潜めて話した。

「美津代は買い物に出かけても八百屋やたばこ屋で大声で満州時代の自慢話をするが、逸子さんはニコニコして黙って聞いていた。逸子さんは身なりが派手になり、厚化粧をしだした。そのうち横山と美津代と逸子さんで夜、雑魚寝をしているという話も広まっていた」

「美津代さんは、戦争中にはスパイだったとか、馬賊の宣伝工作をしたとかいって、飛行服を着たアルバムを見せていましたが、不思議な女でした。感心しない男が出入りするようにもなりました。横山という男などは朝からドテラ姿でやってきたり、20歳前後の学生風の男が来て泊まったり……もっとも、その学生はだいぶ家の金品を持ち出して美津代に貢いだらしく、父親が『あの女のために、すっかりグレた』と怒っていました」

 戦時中の活躍を近隣に吹聴していた美津代は、近所の者たちに不審がられていた様子だ。「美津代は何か麻薬関係があるのではないか」といううわさまで囁かれていた。

B21 地球の歩き方 ブラジル ベネズエラ 2018〜2019
ホラ吹きはいつの時代ものさばるものね

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「結婚してブラジルに渡ろう」ウソと虚栄にまみれた女スパイと謎の男【藤沢つづら詰め殺人事件:後編】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 悪女の履歴書高橋ユキのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ