“噂の女”神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第514回】

綾瀬はるか、“結婚報道”はホリプロによる「交際潰し」? 韓国ヘイトで袋叩きも“望み通りの展開”か

2020/07/07 21:00
神林広恵(かんばやし・ひろえ)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

「女性セブン」7月16日号(小学館)

 木下優樹菜の芸能界復帰、即、芸能界引退が話題に。しかも所属事務所の「信頼関係を維持することが著しく困難」との発表で、木下の不倫疑惑を含めさまざまな臆測も飛び交っている。しかしトラブルがあったにせよ、長年所属してきたタレントに、こんな意味深で意地悪なコメントを事務所が出すとは。夫のFUJIWARA・藤本敏史が「今後も子供たちを含めて支えてまいります」とコメントしたのが唯一の救いだ。

第514回(7/2〜7/7発売号より)
1位「熱愛スクープ 綾瀬はるか 結婚決めた『韓流タレント』極秘2年交際」(「女性セブン」7月16日号)
参照「綾瀬はるか “結婚報道”韓流俳優が友人に語った驚肉声『ハルとの未来は潰された』」(「女性自身」7月21日号)
2位「フジテレビ『ザ・ノンフィクション』人気出演者が怒りの告発!『過剰演出の“半フィクション”です!』」(「週刊女性」7月21日号)
3位「大野智 『もう僕は戻らない』南の島に巨大リゾート移住計画」(「女性セブン」7月16日号)

 いやはや案の定というか。「女性セブン」が報じた綾瀬はるかと韓流タレントノ・ミヌの“結婚報道”。“熱愛”ではなくいきなり結婚だ。これをスクープした「女性セブン」によると、2人は2年前に知り合い交際をスタートさせたという。さらに綾瀬の知人のこんなコメントが。

「彼と結婚したいとごく親しい人には相談しています」

 だが、これを受けて吹き荒れたのが韓国ヘイト、嫌韓というネットの反応だった。まったく。その中には「なぜ日本人じゃないのか」という筋違いな嫉妬、差別丸出しのものまであったが、芸能人が韓流カルチャーを好きといっただけでネトウヨから袋叩きにされる昨今、国民的女優とまで言われる好感度の高い綾瀬が、大嫌いな韓国タレントと、となれば、ネトウヨたちの卑劣な反応は当然、予想されたものだ。

 そして「女性自身」によると、こうした世間の反応から “2人の未来は潰された”となってしまったらしい。

 だが、そもそもが怪しい。まずは「セブン」の報道だ。今回、熱愛を吹っ飛ばし、いきなり結婚と、よりセンセーショナルに報じた。案の定、この報道を受け、ネットでは韓国ヘイトだけでなく綾瀬へのヘイト的コメントまで多数出現。そして綾瀬の事務所、そしてミヌサイド双方が、早々にこの報道を“事実無根”として否定した。その結果、まるで2人の交際そのものがフェイクのような扱いすらされている。

 でも、これって綾瀬の所属事務所・ホリプロが望んだ展開なんじゃない? 周知のように、綾瀬は国民的なトップクラスの女優。好感度も高く、稼ぎっぷりもいい。そんな綾瀬が韓流タレントと熱愛・結婚となれば――。今の日本の現状を見れば、悲しいかなイメージダウンになってしまうのだろうし、女優生命がどうなるかわからない。韓国に移住すれば、仕事もセーブせざるを得ないかも。ホリプロからしたら、2人の関係は是が非でも摘んでおきたいもの。だから“結婚”というよりセンセーショナルな記事をぶち上げ、ネガティブな世間の反応を加えて、大事な大事な綾瀬の交際をぶち壊す。

 これまでも芸能事務所はマスコミを使って、同様な手口を何度もやってきたしね。今回も“なかったこと”“消された熱愛・結婚”騒動となってしまうのだろうか。

綾瀬はるかmeets Beautiful Athletes パナソニック「ビューティフルジャパン」プロジェクト
違和感だらけの芸能界

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

綾瀬はるか、“結婚報道”はホリプロによる「交際潰し」? 韓国ヘイトで袋叩きも“望み通りの展開”かのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性週刊誌ぶった斬り!女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ