[月刊コスメレビュー]

「アイシャドー」ベスト3&ワースト3をプロが発表! 「タレントにも使ってる」優秀な一品は?【スック、資生堂、ミシャ、マキアージュ他】

2020/07/11 18:00
篠原奈緒子(しのはら・なおこ)

プチプラ&デパコス “がっかり”アイシャドーワースト3

【がっかり第1位】
スック「デザイニング カラー アイズ」130 旬霞/7,480 円(税込)

スック「デザイニング カラー アイズ」130 旬霞

 「おすすめ第3位」に選んだスックのシャドーですが、こちらの4色はすべての色味が難しすぎ! 1990年代のギャルのような、一昔前の顔に仕上がってしまうので、私としては“がっかりパレット”です。そもそも、シルバーグレー系のシャドーって、使いこなすのがとっても難しいんですよね……。プロの私でさえ困ります。

 イエローベース・ブルーベースのメイクが大流行しているので、「ブルベ向き」というコンセプトで作ったパレットかと思うのですが、そもそもこのパレットの色味が似合う人って、かなり限られているでしょう。赤のシャドーは発色がよすぎて個性的な顔になってしまうし、デイリー用には使いにくい。“地雷系メイク”など、ピンポイントで需要はあるかもしれませんが……。このパレットは、難易度が高すぎると思いますね。

【がっかり第2位】
マキアージュ「ドラマティックスタイリングアイズS」Vl735 ソイラベンダーティー/3,080円(税込)

マキアージュ「ドラマティックスタイリングアイズS」Vl735 ソイラベンダーティー

 「グラデーションカラーをブラシでさっと塗るだけで、プロ級の美しいグラデが完成」という素敵なコンセプトですが、なぜか私は、このパレットでグラデーションをきれいにつくるのが難しくて仕方ないです。1色ずつ塗ってグラデーションを作るほうが簡単だし、きれいに仕上がります。目の形や色を入れる位置は人によって異なるので、「誰でも簡単できれいに」というわけではないと思います。今は伸びのいいシャドーが多いので、このパレットではなく、単色シャドーでもグラデーションはできると思うのですが……。

 しかも、この色は濃いパープル系で難易度が高すぎますし、似合う人がかなり限られたカラーですね。ブラウンパレットを謳っていますが、ブラウン味はあまり感じられず、ケバい印象になってしまいます。

【がっかり第3位】
資生堂「エッセンシャリスト アイパレット」04/4,400円(税込)

資生堂「エッセンシャリスト アイパレット」04

 資生堂のアイシャドーパレット自体は発色が素晴らしく、個人的には大好きなんですが、この04だけは色のセレクトが謎すぎて……。どの色も、使うのが難しすぎませんか!? ブルーとブラックはマットなのでなじみが悪く変に目立つし、ホワイトは発色よすぎるがゆえに目が発光して古臭い顔になるし……。スック同様、グレーは90年代ギャルみたいな仕上がりになります。

 それと、このシャドーパレットはブラシがついていないのもがっかりポイント。メイク直しの時に困ってしまうと思います。クオリティの高いシャドーだからこそ、もっと使いやすい色を増やしてほしいです! ちなみに、同じラインから出ている「NANAME FUDE マルチ アイブラシ」も、私的には全然ダメでした。100均のチップで塗ったほうがきれいに仕上がります。

篠原奈緒子(しのはら・なおこ)

篠原奈緒子(しのはら・なおこ)

TVCM・広告・TV番組などで活躍するヘアメイクアップアーティスト。女優、タレント、音楽アーティスト、芸人、声優、スポーツ選手などを多く担当している。10代の頃からヘアメイクを志し、人気のヘアメイクアップアーティストに師事後独立。現在は新人育成のための技術指導も請け負っている。自身でのメディア露出もこなし、LINE公式ブロガーとしても活動。若い世代を中心に幅広い支持層を持つ。

公式サイト

最終更新:2020/07/15 13:56
S Cawaii! まるごと一冊アイメイクSpecial!!
「ブラウン一択」からそろそろ抜け出すか〜!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「アイシャドー」ベスト3&ワースト3をプロが発表! 「タレントにも使ってる」優秀な一品は?【スック、資生堂、ミシャ、マキアージュ他】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 美容コスメ月刊コスメレビューのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL