【連載】“買い物狂い” の散財日記 第28回

メルカリで13万円も出したのに……VR機器を購入した買い物狂いに待ち受けた、思わぬ“副作用”

2020/07/05 19:00
千葉N子(ちば・えぬこ)
メルカリで13万円も出したのに……VR機器を購入した買い物狂いに待ち受けた、思わぬ副作用の画像1
(C)千葉N子

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。

「3,280円で手軽にVR体験ができるらしい」

 ある日、Amazonをあてもなく巡回していると、「VR」という面白そうなものに出会いました。VRといえば、バーチャル・リアリティの略。仮想現実とも訳されます。そう、VRゴーグルを装着すれば視界の360度が覆われ、瞬く間に仮想現実の世界に入っていくというわけ!

「へー! 家の中で絶叫マシーンに乗ったり、いろんな景色が見れたら楽しいやん!」

 買い物狂いの私はすぐに反応し、VRについて調べ始めました。

 発売当初はものすごく高かったVR機器だけど、もうそんな安くなってんのね~。3,280円ならポケットマネーでお支払いできますわよ、おほほ。……でも、そんなに安くて大丈夫なのかしらねえ?

 小さい頃、祖母に「電化製品は安物はだめだぁ。高ぇものを買え。ナショナルなら間違いない」と教わってきた私。VRも安い物=悪い物ではなかろうな? と意地悪な姑のような顔つきで星1(最低評価)のレビューを舐めるように見ることに。

「プラスチック越しにスマホを見ているのと何も変わらない」「ピントが合わない。安物買いの銭失い」というレビューを目ざとく見つけて「ほら見たことか!!」としたり顔になりました。やはり、ばっちゃんの教えは間違っていなかった。安いものはやっぱり値段なりなんだわ(注:良いレビューもいっぱいありました)。

 高いものを買っておけば間違いがないのだ、と思い直し、今度はVRで一番高いものを探し始めました。調べていくと、群を抜いて高かったのがPlayStation 4のVR。

 それもそのはず。多くの安価なVR機器は、スマホをセットして映像を楽しむものなのに対し、プレステ4はVR対応ゲームができるのです。しかも、モーションコントローラーを使えば、剣をふったり、銃を打ったりすることをリアルに体験できるのだそう。VR対応ソフトの中には、私がめちゃくちゃやり込んだ『The Elder Scrolls V: Skyrim』(通称、スカイリム)というゲームもありました。こりゃすごい。スカイリムの世界に入れるなんて!

 一度思い立つと止まれない私は、その日のうちにVRの機器、モーションコントローラー、プレステ4PROをメルカリで購入し、モーションコントローラー、充電器、ソフトを揃えていきました。お値段総額13万円なーり! もちろんリボ払いなーり!

 結論から言うと、VRは感動するほどすごかったです。若干、ピントが合わなかったり、もや~っと見えたりもするのですが、ゲームソフトによっては非常に映像がキレイ!

 特に私が気に入ったのは『イーグルフライト』というゲーム。これは自分が鷹になって、空を飛び回りながらさまざまなゲームをクリアしていくというものなのですが、操作はコントローラーではなく、自分の首を傾けることで行います。実際、鷹も首を傾けることで方向転換しているんだって!

 操作に慣れると自在に大空を飛び回ることができますし、仲間の鳥を援護したり、洞窟の中を抜けるスリルがまた楽しい! ゲームセンターにあるボックス型のゲーム機のような臨場感を自宅で味わえるのです。VR買ってよかった~!! 家の中がゲームセンターになっちまったぜ、ひゃっほい!!

PlayStationVR “PlayStationVR WORLDS” 同梱版

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

メルカリで13万円も出したのに……VR機器を購入した買い物狂いに待ち受けた、思わぬ“副作用”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! “買い物狂い” の散財日記のニュースならサイゾーウーマンへ!