仁科友里「女のための有名人深読み週報」

渡部建の不倫騒動は、案外「すぐ忘れられる」? 川谷絵音の「大衆の心をつかんだ」スキャンダルを振り返る

2020/06/18 21:00
サイゾーウーマン編集部

渡部建の不倫騒動は「イラッと」度が低い?

 人気芸能人のスキャンダルだけに、ワイドショーやネットがこの話題を扱うのは理解できる。しかし、「芸能ニュース」として考えると、私はこの不倫は特に興味を引かれないし、案外世間はすぐ忘れる気もしている。というのも、所詮は“他人事”である芸能ニュースが、大衆の心をつかむのに必要なこととは、「人々をイラッとさせること」ではないかと思うのだが、渡部の不倫騒動は、その「イラッと」度が低いように感じるのだ。

 渡部の女性たちへの態度を見ていると、余分な時間とカネをかけないで性欲を発散させたいという心理が垣間見え、特に女性を「イラッと」させるかもしれないが、ある意味で彼の態度は一貫しているし、「妻以外の女性に心まで奪われていない」と見ることもでき、人を「イラッと」させる度は低いとも言える。

 一方、「文春」や「セブン」に登場する女性たちが芸能人ではなく一般人なのは、渡部の「人気芸能人である自分と一般人では使える権力や社会的影響力が違うので、あえて弱い人を狙った」というずる賢さを感じ、これまた人を「イラッと」させるのかもしれない。ただ、女性側だって、渡部の態度に不満を感じるなら、関係を解消することができるはずだ。「文春」によると、渡部の相手の一人だった女性は「あんなかわいい奥さんがいるのに、どうしてこんなことをするの?」と聞いたというが、それは逆に言うと、その女性は渡部が既婚者であると知っていたことの証明になる。相手が既婚者と知りながら関係を続けていた女性も褒められたものではないという意味で、どっちもどっちと言え、渡部への「イラッと」度は下がるだろう。
やはり人々は、「この人、何を考えてるんだろう」「どうしてこんなことをするんだろう」とよりイライラさせられるニュースに、くぎ付けになるのではないか。

 具体例を挙げると、俳優・東出昌大。彼は、女優・杏という妻と3人の子どもがいるのに、若手女優・唐田えりかと3年にもわたる不倫関係にあったと「文春」に報じられた。唐田は東出とのツーショット写真をプリントアウトして仲間に配ったり、東出そっくりの壁画とキスするような画像をインスタにアップしたりと、“匂わせ”を連発している。自分から不倫関係をバラしたいかのような唐田の行動も謎だが、それをいさめない東出も理解に苦しむので、人々をイラッとさせるだろう。

 また、「文春」報道を受け、東出の所属事務所は「今回の別居は離婚へ向かうものではなく、なんとか修復のステップを踏むためへの冷却期間と聞いております」というコメントを発表した。つまり、東出は離婚する気はないということで、「それならバレないように、なぜ注意して不倫しないんだ」と再度イラッとさせられたという人も少なくないのではないか。

ロマンスがありあまる/キラーボール
川谷の告白には「知らんし」以外の言葉がない

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

渡部建の不倫騒動は、案外「すぐ忘れられる」? 川谷絵音の「大衆の心をつかんだ」スキャンダルを振り返るのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女のための有名人深読み週報のニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL