どんどんきな臭くなっていく

アンジャッシュ・渡部建、幻冬舎・見城徹氏の知られざる関係……「不倫記事もみ消し懇願?」とウワサも

2020/06/18 12:00
サイゾーウーマン編集部
「見城徹と松浦勝人と同席」のほうが気になった人も多数

 不倫スキャンダルをめぐるバッシングや後追い報道が止まず、このままでは芸能人として“再起不能”になりかねない情勢のアンジャッシュ・渡部建。一部関係者の間では、渡部がとある人物に“SOS”を出したとウワサされているという。

 スクープを飛ばした「週刊文春」(文藝春秋)の記事では、渡部の“夜遊びシーン”として、昨年開催された野外フェス『ULTRA JAPAN 2019』での一幕が紹介されていた。

「その同席者として、エイベックスの創始者・松浦勝人氏、幻冬舎の見城徹社長の名前が挙がっていました」(同)

 見城氏と言えば、芸能界へのパイプも太く、さまざまな大手プロダクションのトップ陣と、深く交際していることで知られ、その実はともかく “出版界のドン”として報じられたこともある人物。渡部とは“グルメ仲間”だというが……。

「『文春』で、自身の不倫が記事になることを知った渡部が、その見城氏に『泣きついたようだ』というウワサが、プロダクション界隈でささやかれているんです。確かに剛腕で知られる見城氏だけに、一部の週刊誌に影響力を持っているのは間違いなく、記事を差し止めるといった“裏ワザ”を繰り出すことができても、おかしくはない。とはいえ、こと『文春』に、その手は通用しないでしょうが」(同)

 また、幻冬舎自体も渡部と同じく、“文春砲”を被弾したばかり。

「同社の編集者である箕輪厚介氏が、過去のセクハラ・パワハラをニュースサイト『文春オンライン』で報じられ、本人が謝罪に追い込まれました。しかし、会社としての謝罪などは特になく、その点について、ネット上で批判が飛び交うなど、この一件は状況的に『文春』の“完勝”としか言いようがない決着を迎えていました」(出版関係者)

 記事を止めることはできずとも、有力出版社の力を借りられれば、「懺悔本」出版などの“禊”をスムーズに行えるかもしれない。しかし、現時点で、渡部がどんなアクションを起こしても、“火に油を注ぐ”結果にしかならない気もするが……。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/06/18 12:22
アンジャッシュ渡部の 大人のための 「いい店」 選び方の極意
見城徹まわりの人たちが次々と「標的」になっているとも言えるわね

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

アンジャッシュ・渡部建、幻冬舎・見城徹氏の知られざる関係……「不倫記事もみ消し懇願?」とウワサものページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報お笑い芸人のニュースならサイゾーウーマンへ!