【ジャニーズJr.チャンネル便り】

美 少年・浮所の“手越ポーズ”にファン騒然! Travis Japan「松松シンメ」に涙腺崩壊【ジャニーズJr.チャンネル週報】

2020/05/31 21:00
中村チズ子(なかむら・ちずこ)

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、少年忍者(水曜)Travis Japan(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、5月21日~28日公開の動画をチェックします!

美 少年・浮所の“手越ポーズ”に「今はダメ」の声

 美 少年の動画は、通常回の「【それ当たり前?】お味噌汁の具材定番5つ選ぶとしたら?」(23日)と、プロモーションの「【問題作!?】スローモーション映えに挑戦してみた!」(25日)の2本が配信されている。1本目は前週に引き続きリモート収録で、オープニングでは浮所飛貴が「企画を持ってきました。『教えて王道5選』!」と企画を発表。これは、スタッフからお題を与えられたメンバーが王道だと思う5選を考えた後、ほかのメンバーが推測していくというゲームだ。

 今回は、藤井直樹、金指一世、佐藤龍我が順番に親となり、「味噌汁の具材」(藤井)「夏に食べたくなるもの」(金指)「魚といえば?」(佐藤)をテーマに予想合戦を展開。各々の成績によって一喜一憂する中、親の佐藤は正解を明かす前にうっかり口を滑らすなど、天然キャラぶりを発揮した。なお、佐藤がスケッチブックを裏返した13分6秒頃、よく見ると「そうめん」「すいか」といった文字が紛れているほか、ローマ字のサインのような形跡も。空き時間にサインの書き方を練習していたのかもしれない。

 終始、楽しそうな美 少年に対し、コメント欄には「リモートでも美 少年のわちゃわちゃ感が伝わってきて面白い。見ていて元気が出る」「天然爆発な龍我ちゃんが可愛いし、しれ~っとサインの練習を怠らないところは尊敬する」「みんな優しすぎて、肯定的で平和な美 少年に癒やされる」「メンバー誰も指摘してないけど、金指くんの『かき氷』が『かき“永”』になってる(笑)」と、さまざまな感想が寄せられている。

 一方、浮所は10分4~9秒頃にNEWS・手越祐也が得意とする「テイッ」らしきポーズを披露していたが、一部視聴者はこの部分に反応。手越の度重なる“ステイホーム破り”が問題視された直後だっただけに、Twitter上では「浮所くんが『テイッ』って言った瞬間、マジで固まった。今の時期にそれは……」「美Tubeはいつ撮ったの? 今、『テイッ』はダメ」「YouTubeで『テイッ』ってやってたけど、手越みたいな人間にはならないで」「浮所ファンだから、手越の真似はしないでほしい」「浮所くんが『テイッ』ってやってたけど、今は自粛したほうがいい」「浮所くんの『テイッ』は可愛いけど、手越みたいにチャラくなったら泣く」「浮所、手越にあこがれてるんだったら、今すぐやめたほうがいい」と、辛らつな声も少なくなかった(26日には手越の活動自粛処分も明らかに)。

 2本目は、ロート製薬株式会社の日焼け止め商品「スキンアクア」とのコラボレーション動画。3月に室内プールにて撮影したものだそうで、プールから上がった瞬間をスローモーションで撮り、その際のキメ顔&さわやかなキメ台詞について判定する「スローモーション映え選手権」を行っている。冒頭で「水面から出るから、たぶんだいたいがみんなブサイク」(浮所)「ジャニーズであり、美 少年でもあるからね」「プライド持ってやっていこうよ!」(岩崎大昇)と話した彼らのカメラ映りは、ぜひ本編で確認してほしい。再生回数は、1本目が25万台、2本目は24万台(29日時点)。

素顔4 ジャニーズJr.盤(期間生産限定盤)
HiHiは全員、頭の回転はやくないかい?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

美 少年・浮所の“手越ポーズ”にファン騒然! Travis Japan「松松シンメ」に涙腺崩壊【ジャニーズJr.チャンネル週報】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズJr.Travis Japanのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ