佃野デボラのホメゴロシ!

藤原紀香は地球ともタメ口の関係。ノリ姐のブレない“おうち時間”をホメゴロス!

2020/05/30 16:00
佃野デボラ(ライター)
藤原紀香オフィシャルブログより

テレビ・芸能ウォッチャー界のはみ出し者、佃野デボラが「下から目線」であらゆる「人」「もの」「こと」をホメゴロシます。

【今回のホメゴロシ!】その通常運転ぶりにニヤニヤ、藤原紀香の“ステイホーム・デイズ”

 梅と桜の花期を経て、眩い新緑の時期へ。1年でいちばん景色華やぐ春が、今年は新型コロナウイルスのせいですっぽりと抜け落ちてしまった。未曾有の国難に日常が奪われ、日本中が戦々恐々とするなか、藤原紀香はどう過ごしていたのだろうか。ブログを覗いてみれば、実に、まったく、藤原紀香であった。

 とにかくブレない。身長も威圧感も含めた彼女のデカさを形容する単語である「空母」(※註1)のごとくどっしりと、変わらぬ佇まいでそこにいた。こんな非常事にも、いや、非常事だからこそ、持ち前の“正義感”と謎の“使命感”、そして「藤原主義」(※註2)を胸に抱き日々を過ごしていた。ブログに登場するものといえば、高級食材を用いて美と健康に心を砕きまくる食生活、絵と見紛うほど“滑らかに”補正された自撮りフォト、宝石水や月などのスピリチュアル・トピック、部屋を彩るラグジュアリーな花々、「庶民感覚も忘れてへんよ」な、お好み焼きetc.……コロナ禍以前となんら変わらない。こうした彼女の「通常運転」が、なんと我々の平常心を取り戻させてくれることか。そんな我らがノリ姐の「ステイホーム」な3カ月をブログとともに振り返ってみよう。

 初めてノリ姐がブログで「コロナ」の文字を記したのが、2月26日のエントリー。《コロナなど、いま、本当に怖いですね…免疫、あげて頑張りましょう》と時候の挨拶程度に冒頭に置くも、《さて》と話題を切り替え、神宮前のビンテージ・サングラス店で親友・はるな愛と共にショッピングしてキャッキャする様子が綴られた。この頃はまだどの店も通常営業していたのだった。

 3月13日には、徐々に厳しくなる状況を《たくさんの愛と優しさを携えて、乗り越えていこう》と読者に呼びかけ、《神社やお寺に行くたび、たくさんお祈りします》と、折に触れコロナの終息を神仏に祈っていることを知らせた。いつ何時も民衆を導く女神気取r……いやさ、人類の平和と安寧を願ってくれるノリ姐。熊本地震の際には《火の国の神様、どうかどうか もうやめてください》と、神様とカジュアルに連絡がつく様子をうかがわせたノリ姐。本当にありがたい。

 3月19日、中止になったTAE ASHIDAの秋冬コレクションを惜しんで関係者数人で《残念会ならぬ激励会を 個室でしっぽり》行った。参加者の一人、Mattとともに写ったツーショットに、例の二次元イラストばりの“Matt補正”をかけた写真を掲載。《わあ! 目も大きく、お肌も白くなりましたね Matt化、初記念の一枚です うふふ》とご満悦だったが、普段ノリ姐が自撮りでブログに載せている写真とそんなに変わらないように見えるのはなぜだろう。不思議だ。

 首都圏に外出自粛要請が出た翌日、3月27日の投稿では、自然界と人間の関係性に話題が及び、《これまで自然や動物の声を、人はちゃんと聞いてきたのだろーか…共存の道を、ジコチューにしてきたんじゃないか…なんて》《地球よーごめんね、そして、ありがとう》と綴った。地球とタメ口の関係のノリ姐。畏怖の念を禁じ得ない。

NORIKA 藤原紀香写真集/藤原紀香(その他),大沢尚芳(その他)
「氣愛」という字面の威圧感が恋しい
アクセスランキング
  1. 持ち偏差値より低い中学を受験した娘
  2. 大谷翔平と代理人バレロ氏の心配な報道
  3. 「新しい自分になる」危険ドラッグで8階から飛び降り――「ラリってしまいたい気持ち」を禁止しても意味ない?
  4. メルカリで31万ネックレスが27万に! 4万円の値引きに成功したワケ
  5. 警察がヤクザより力を入れる犯罪組織「トクリュウ」とは? その厄介さを元極妻が解説
  6. 「私には迷信と思えない」幼い息子に起こった異変とは? 奇跡的だったお坊さんの指摘
  7. 皇室の“セックスマニュアル”? その内容は
  8. 「男の宿命的な性」への憎しみ
  9. 秋篠宮さまの“プロポーズ美談”は全部ウソ?
  10. 大谷翔平、違法賭博問題で「裏社会」関係に疑惑?
  11. 「美智子さまいじめ」の主犯
  12. 憲法は「暴力団員であること」を禁じていない! 餃子の王将社長射殺事件、パソカ規制問題、工藤會死刑判決を元極妻が解説
  13. 132万のジュエリーの代わりに買ったもの
  14. 学習院「常磐会」が行った「美智子さまいじめ」
  15. 実父の強姦が黙殺された「栃木実父殺し」から現在
  16. 『大奥』問題がある演出とは?
  17. 2023年のクスリ押収量は過去2番目! イーロン・マスクのドラッグ使用疑惑を解説
  18. 秋篠宮家が「推薦入試」にこだわる事情
  19. 中学受験の合格手続きでミス
  20. 山口組は分裂9年も平行線、「トクリュウ」が勢力拡大? 元極妻が予想する「2024年のヤクザ情勢」