なんかちょっとずつズレてる

小島瑠璃子、オードリー・若林正恭が“トーク力”を絶賛も「空気読めない」「自慢がウザい」と批判の声

2020/05/14 18:20
サイゾーウーマン編集部
小島瑠璃子、オードリー・若林正恭がトーク力を絶賛も「空気読めない」「自慢がウザい」と批判の声の画像1
小島瑠璃子オフィシャルサイトより

 “こじるり”の愛称で親しまれるタレント・小島瑠璃子が、5月12日放送の『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』(テレビ東京系)に出演。彼女が番組内で発した一言が、ネット上で批判を浴びているという。

 同番組では今回、「芸能生活で転機を迎えている2組」として、小島とお笑いトリオ・ジャングルポケットがゲスト登場。若くして多数の番組に引っ張りだことなった小島のことを、番組MCのオードリー・若林正恭が褒める場面があった。

「小島は10代の頃からバラエティで活躍しているため、会話を回す能力に長けていると若林は評価しているとか。若林が『“私、回せるなあ”って自分で思うの?』と質問すると、小島は『今、初めてちゃんと思い返してみたら、回してると思ってるんじゃなくて、カンペ読んでると思ってるだけなんで……』と、謙遜。小島いわく、『普段考えてることがすごい多い』『それをテレビで全部言うと、破綻するんですよ。なので、めちゃくちゃコントロールしてしゃべってる』とのこと。言いたいことを言えないで消化不良に陥った時には、『(収録が)終わったあと、飲みに行っちゃう』とも明かしていました」(芸能ライター)

 ネット上では、「自虐風の自慢じゃん。仕事できるアピールがウザい」「本当にちゃんと考えてるの? 空気が読めない発言、結構あるよね?」「コントロールできてるか? 一度もしゃべりがうまいと思ったことないけど」など、小島の発言に違和感を持つ声が相次いでいる。

 若林からは称賛される小島の“トーク力”だが、最近はその発言内容が波紋を呼ぶことも少なくない。

「4月21日、AKB48の元メンバー・板野友美と一緒に、インスタグラムでライブ配信を行っていたのですが、小島は『結婚相手に求める年棒は?』という視聴者からの質問に対して、『私の年収に引かない人がいいな』と答えていました。しかし、ネット上では『めちゃくちゃイラッとする、無神経な発言』『そういう考えを持ってることに引く』と、苦言が集まることに」(同)

 インスタライブでは、「理想の男子」について板野と議論する場面も。この際、小島は「筋トレっていうのが世界で一番意味わからないんだよね」「男たるもの、見せる筋肉じゃなくて使える筋肉を持っとけよって思うんだよ」などと、ボディメイクのために筋トレをする男性を批判。これにも「すべてのトレーニーを敵に回した。何様のつもり?」「他人の趣味をバカにできる神経がわからない」「『男たるもの』って、お前の理想を押しつけんな!」と指摘が相次ぎ、炎上状態となった。

「小島は30日に自身のTwitterで『筋トレって筋トレしてる人にとって聖域なんだってことがわかったよ』『筋トレしてる人の人間性や本質の根っこから否定しているんじゃないんだよぉ。ムキムキが個人的にタイプじゃないだけなんだよぉ』と釈明しましたが、『それなら最初から“ムキムキがタイプじゃない”とだけ言えばよかったじゃん』『何かに打ち込んでいる人を否定するのが無粋って話なんだけど、わかってないね』といったリプライが飛び、“火消し”に失敗しています」(同)

 カンペのあるところでは“仕事ができる”のかもしれないが、それ以外の発言がコントロールできないのは、やはり考えものだろう。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/05/14 18:20
週刊ヤングジャンプ15号 セブンネット限定:「キングダム」クリアファイル特典付き
「港区女子のTwitter」みたいだな、こじるり

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

小島瑠璃子、オードリー・若林正恭が“トーク力”を絶賛も「空気読めない」「自慢がウザい」と批判の声のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ