高橋ユキ【悪女の履歴書】

遺骨DNAで判明した14年前の男児失踪“その後”……時効寸前に捕まったホステスの半生【札幌・小四男児殺害事件:前編】

2020/05/05 19:00
高橋ユキ(たかはし・ゆき)

世間を戦慄させた事件の犯人は女だった――。平凡に暮らす姿からは想像できない、ひとりの女による犯行。自己愛、欲望、嫉妬、劣等感――罪に飲み込まれた闇をあぶり出す。

まぽさんによる「写真AC」からの写真

 北海道・新十津川町で農家を営む男性宅から火の手が上がったのは、1987年12月30日、午前3時過ぎのこと。1階に寝ていた妻と娘は逃げ出して助かったが、2階に寝ていた男性は焼死した。

 それから半年後、88年6月。男性の兄が、延焼を免れ納屋で探し物をしていると、骨らしきものが入ったスーパーのビニール袋を見つけ、「犬かなんかの骨かもしれないけど」と、警察に届けた。調べたところ、これは犬ではなく、焚き火などで火葬された人骨で、子どものほぼ一人分がそろっていた。血液型は判明したものの、遺骨からDNAを抽出することができず、誰のものかを特定するに至らなかった。

 10年後の初冬。DNA型鑑定技術の進歩により、この遺骨は1984年1月から行方不明になっていた札幌市の小学生男児のものと判明。男児を殺害した容疑で逮捕されたのは、あの家で、火事を逃れた妻だった。当時の殺人罪の公訴時効が成立する2カ月前のことだった。

札幌・小四男児殺害事件

 84年1月10日の午前9時半。小雪の舞う札幌市。内装会社経営、城下隆二(仮名)さん宅の電話が鳴り、冬休みで家にいた小学4年生の次男、英徳くん(仮名、9歳=当時)が受話器を取った。電話を終えた英徳くんは急に「外出してくる」と言い出した。母親がどこに行くのか尋ねると、

「貸したものを返してもらってくる」
「女の人からの電話」
「(近所の)XXさんの家の近く」

 などと返事をして、スノーコートを着込み、外に出て行った。

 嫌な予感がした母親は数分後、当時小学6年生の長男に後を追うように言ったが、長男が家を出ると、すでに英徳くんの姿はなかった。

 不安が募った母親は約1時間後に捜索願を出す。聞き込み捜査で、英徳くんが城下家から約100メートルほど歩いたところにある2階建てアパートの階段を上っているのを見たという住民がいることがわかった。そのアパートの2階に住んでいたのは、札幌のクラブでホステスをしていた工藤和子(仮名)だった。

 警察が事情を聞くと、和子は英徳くんと会ったことは認めたものの「XXさんの家はどこかと聞かれただけ。隣の家だと言うと、すぐに帰った」と、失踪への関与は否定し続けた。

 和子は55年、北海道南部・新冠町にある海沿いの節婦町で、馬車引きをして暮らす物静かな両親のもとに9人きょうだいの7番目として生まれ、中学卒業まで家族と暮らした。
子どもたちは学校を卒業すると都会に働きに出る時代。和子も同級生らと同じように、集団就職で家を出た。紡績工場や温泉旅館などに勤めたのち、10代後半からホステスとして働き始め、熱海や神戸、横浜、東京などのスナックを10年ほど転々とする。

殺人犯はそこにいる
和子の娘はそばでなにを目撃してきたのだろうか?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

遺骨DNAで判明した14年前の男児失踪“その後”……時効寸前に捕まったホステスの半生【札幌・小四男児殺害事件:前編】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 悪女の履歴書高橋ユキのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ