オンナ万引きGメン日誌

ホームレスの女装万引き犯は、鼻の頭が割れていた……「これで人生台無しよ」Gメンに漏らした過去

2020/04/25 16:00
澄江(すみえ)
Photo by mrhayata from Flickr

 こんにちは、保安員の澄江です。

 テレワークなどとは縁のない職種に就く私たちは、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が発令されて以降も、普段と変わらず現場に入っています。人混みの中で不審者を探し出し、捕捉時には被疑者に密着。事務所まで被疑者に寄り添って連行して、密室としか言えない事務所や警察署の取調室で事後対応に追われているわけです。まさに3密(密閉空間・密集空間・人との密接)の状態にしか身を置けないような状況で、マスクを外して深呼吸できる場所などありません。本音を言えば、のどにガラスが刺さるような痛みは味わいたくもないので、自宅で静かに自粛していたいところです。しかし、お客様である商店が営業されている以上、私たちが休むわけにもいきません。この不安定な情勢化にあって、通常業務につけるだけでもありがたい。そう思うようにして、日々の業務をこなしています。

 一部の商品を除いて、ようやくに買い占め行為は落ち着いてきましたが、売場関係者の疲弊は限界を越えているように感じます。マスクの争奪戦は相変わらずで、開店待ちの行列は、もはや見慣れた光景となりました。入荷がない旨の告知が店頭に貼り出されているにもかかわらず、その行列が絶えることはありません。店員さんにマスクの入荷日を問い合わせて、不明だと答えられた70代と思しき男性が、在庫を隠し持っているのではないかと店員さんに詰め寄る場面も目にしました。マスク未着用の来店者に対する風当たりも強く、その人が咳払いをひとつしようものなら周囲の人から睨まれるといった具合に、どこの売場も殺伐しています。ただでさえ身の危険を感じる仕事である上、咳ひとつ自由にできない雰囲気の中で自然と緊張しているのか、普段より疲れが酷く、休日には近くの整骨院に行って体のバランスを整えていただきました。本当は近所の天然温泉にも浸かりたいのですが、営業を自粛されているため、自宅の小さな湯船にバブを沈めて堪えています。

 今回は、この自粛期間中に捕らえた女装万引き犯について、お話したいと思います。

新品本/万引きGメンは見た! 伊東ゆう/著
どんな人生を歩んできたのかしら

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ホームレスの女装万引き犯は、鼻の頭が割れていた……「これで人生台無しよ」Gメンに漏らした過去のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! オンナ万引きGメン日誌のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ