“噂の女”神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第504回】

杏、夫・東出昌大に続いて実母ともトラブル……毅然とした意志に勇気づけられるワケ

2020/04/21 21:00
神林広恵(ライター)
「女性セブン」4月30日号(小学館)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 新型コロナウイルス感染が広がるなか、コピー用紙にウイルスが付着すると30分後まで感染力を持つとの報道が。ということは雑誌の表紙はどうなんだろう? との疑問で女性週刊誌の表紙を消毒薬で拭いてしまった。

第504回(4/16〜4/21発売号より)
1位「杏 実母から“12億円請求”裁判 ワンオペ育児で底なしの孤独」(「女性セブン」4月30日号)
2位「山田eyeモード 芸能界・テレビ界の現状と対策」(「女性セブン」4月30日号)
3位「石田純一も陥った“無自覚”の罠! 訪れた沖縄の超高級ゴルフ場とホテル」(「週刊女性」5月5日号)

 4月15日、女優の杏が所属事務所のYouTube公式チャンネルにフォークシンガー・加川良の『教訓Ⅰ』を弾き語りする自身の画像をアップしたことは大きな反響を呼んだ。『教訓Ⅰ』はベトナム戦争時の反戦歌。ワイドショーなどでは、深く突っ込まれなかったが、そのメッセージは単に“ステイホーム”だけではなく、“国は国民の命を顧みない、だから隠れろ”とも受け取れる。

 そんな杏だったが、その前週に発売の「週刊新潮」(新潮社)に実母の訴訟沙汰が報じられていた。それは母親を代表にした個人事務所から2014年に杏が完全独立したが、母親がこれを無効として金銭などの要求をしているというものだ。この報道を受け、「女性セブン」もその詳細について報じているが、そこには両親の離婚、母親の宗教への傾倒と母親の借金返済、そして東出昌大との結婚と不倫など、これまでの杏の軌跡が記されている。さらに裁判で母親が杏の過去の不倫歴と、それについて母親が心酔する霊能者に相談していたことを暴露したともある。

 まあ、内容としては「週刊新潮」の後追いで、新たな情報はあまりない。でも改めて杏の人生を襲った数々のトラブルを記した「セブン」を読むと、なんとも切なくなってくる。そもそも母親の暴露だって、信ぴょう性があるのか。かつて夫だった渡辺謙の女性関係を暴露した母親が、今度は娘にその矛先を向ける。幸せなはずだった結婚生活も夫の裏切りで一転してしまったにもかかわらず、冒頭のように弾き語りを披露した杏。

 その選曲からして杏の強い意思、毅然とした決意さえ感じるものだ。その姿はぜひYouTubeで見てほしいが、それを見ると、きっと杏はこのトラブルにも打ち勝ってくれるだろうと思う。そして杏の姿に多くの人が勇気づけられる。そんなことを改めて思わせてくれた「セブン」記事だった。

CD/加川良/教訓
今こそ生き延びなければ……
アクセスランキング
  1. 持ち偏差値より低い中学を受験した娘
  2. 大谷翔平と代理人バレロ氏の心配な報道
  3. 「新しい自分になる」危険ドラッグで8階から飛び降り――「ラリってしまいたい気持ち」を禁止しても意味ない?
  4. メルカリで31万ネックレスが27万に! 4万円の値引きに成功したワケ
  5. 警察がヤクザより力を入れる犯罪組織「トクリュウ」とは? その厄介さを元極妻が解説
  6. 「私には迷信と思えない」幼い息子に起こった異変とは? 奇跡的だったお坊さんの指摘
  7. 皇室の“セックスマニュアル”? その内容は
  8. 「男の宿命的な性」への憎しみ
  9. 秋篠宮さまの“プロポーズ美談”は全部ウソ?
  10. 大谷翔平、違法賭博問題で「裏社会」関係に疑惑?
  11. 憲法は「暴力団員であること」を禁じていない! 餃子の王将社長射殺事件、パソカ規制問題、工藤會死刑判決を元極妻が解説
  12. 132万のジュエリーの代わりに買ったもの
  13. 「美智子さまいじめ」の主犯
  14. 実父の強姦が黙殺された「栃木実父殺し」から現在
  15. 学習院「常磐会」が行った「美智子さまいじめ」
  16. 『大奥』問題がある演出とは?
  17. 夫が愛人と変死した悲劇の皇女
  18. 中学受験の合格手続きでミス
  19. 2023年のクスリ押収量は過去2番目! イーロン・マスクのドラッグ使用疑惑を解説
  20. 中学受験6連敗の母に伝えたいこと