“噂の女”神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第503回】

嵐・活動続行は絶望的!? 「週刊女性」が伝える、大野智のメンタル状態

2020/04/14 21:00
神林広恵(ライター)
「週刊女性」4月28日号(主婦と生活社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 コロナから全然抜け出せない世の中。そして星野源とコラボする安倍首相に絶叫してしまった。こんな想像力のない首相のもとでコロナ騒動が起こってしまったことを呪う。

第503回(4/9〜4/14発売号より)
1位「嵐 『こんなはずじゃ…』松本潤の複雑な胸のうち」(「週刊女性」4月28日号)
2位「田中みな実 石原さとみ 恋愛より根が深い『三角関係』重大トラブル」(「女性セブン」4月23日号)
「田中みな実 石原さとみ写真集トラブルで“親友”が解雇 『ありえない!』出版社への執念の“報復”」(「週刊女性」4月28日号)
3位「長谷川博己 収録再開メド立たず実家に『ただいま』」(「週刊女性」4月28日号)

 先週、「女性自身」と「女性セブン」が揃って記事にしたのが嵐の活動休止の延期、そして活動続行説だ。「自身」では予定されている『アラフェス 2020』に関し、演出を担う松本潤が「新型コロナの不安がある程度収まったタイミングでやりたい」と願い、大野智に活動延長を説得していると報じ、「セブン」も、東京五輪が延期されることで松潤が活動休止時期をずらす提案を受け入れたと報じていた。

 そんな報道を受けて、今週は「週刊女性」がそれらを打ち消す記事を掲載している。「週女」によると嵐の活動継続は“絶望的”らしい。その理由は大野のメンタルがギリギリの状態で、今年一杯での活動休止を望んでいること、また相葉雅紀も志村けんの逝去でショックを受けているなど、メンバーたち全員が万全の状態ではないことだという。

 なるほどね。嵐の活動休止に関し、ジャニーズ事務所退所前の中居正広独立報道のようになってきた。とはいえ、嵐が今年本当に活動を休止するか続行するかは、今年末までにははっきりする話だけど。

 そんな「週女」記事だが、嵐活動休止を望むという大野のこんな情報が。

「大野さんはやはり今年で活動を終えることを望んでいるようです。最近、彼は周囲に“来年以降は、南の国でのんびり過ごしたいな”と話しているそうですから」

 いやいや、これだけ世界中でコロナウイルスが蔓延しているんだから“来年、南の国でのんびり”は無理でしょ。南の国はあきらめて活動続行!?

ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」(通常盤 Blu-ray)【Blu-ray】
またしばらく振り回されそう
アクセスランキング
  1. 持ち偏差値より低い中学を受験した娘
  2. 大谷翔平と代理人バレロ氏の心配な報道
  3. 「新しい自分になる」危険ドラッグで8階から飛び降り――「ラリってしまいたい気持ち」を禁止しても意味ない?
  4. メルカリで31万ネックレスが27万に! 4万円の値引きに成功したワケ
  5. 警察がヤクザより力を入れる犯罪組織「トクリュウ」とは? その厄介さを元極妻が解説
  6. 「私には迷信と思えない」幼い息子に起こった異変とは? 奇跡的だったお坊さんの指摘
  7. 「男の宿命的な性」への憎しみ
  8. 皇室の“セックスマニュアル”? その内容は
  9. 秋篠宮さまの“プロポーズ美談”は全部ウソ?
  10. 大谷翔平、違法賭博問題で「裏社会」関係に疑惑?
  11. 132万のジュエリーの代わりに買ったもの
  12. 憲法は「暴力団員であること」を禁じていない! 餃子の王将社長射殺事件、パソカ規制問題、工藤會死刑判決を元極妻が解説
  13. 秋篠宮さま、大学時代に「7人の恋人」?
  14. 実父の強姦が黙殺された「栃木実父殺し」から現在
  15. 「美智子さまいじめ」の主犯
  16. 学習院「常磐会」が行った「美智子さまいじめ」
  17. 中学受験の合格手続きでミス
  18. 秋篠宮家が「推薦入試」にこだわる事情
  19. 2023年のクスリ押収量は過去2番目! イーロン・マスクのドラッグ使用疑惑を解説
  20. 山口組は分裂9年も平行線、「トクリュウ」が勢力拡大? 元極妻が予想する「2024年のヤクザ情勢」