志村けんをスクリーンで見たかった

志村けんさん、幻となった映画『キネマの神様』で「主演男優賞確実」と言われたワケ……映画評論家語る

2020/04/10 10:00
杉本玲蚊(すぎもと・れいか)
日本中が悲しみに暮れています

 日本の芸能界史上、最大級の衝撃を与えたと言える志村けんさんの急逝。50年近く芸能界の第一線を走り続け、今もゴールデンタイムに人気番組を持つ大御所芸人の新型コロナウイルス肺炎による突然の死に、ネット上では幅広い世代から悲しみの声があふれた。

 今年、志村はNHK連続テレビ小説『エール』を皮切りに、これまでほとんど行ってこなかった俳優業にも挑戦することになっていた。なかでも、12月に公開予定の映画『キネマの神様』は初めての主演作となるだけに、関係者によると「新たな挑戦に向けて万全を期していた」という。

 『キネマの神様』は原田マハ氏の同名小説を原作に、映画『男はつらいよ』シリーズなどで知られる巨匠・山田洋次監督がメガホンをとる松竹映画100周年記念作品。志村が演じる予定だったのは、ギャンブル好きで家族にも見放されたダメおやじのゴウ。撮影所で働いていた若き日のゴウを菅田将暉が演じ、過去と現在が交錯するという物語だ。志村の妻役に宮本信子、若き日のマドンナに永野芽郁が発表されていた。

「志村さんは衣装合わせも済ませて、4月から始まる撮影を心待ちにしていました」(映画関係者)

 これまでドラマにもほとんど出演したことがない志村が松竹の記念作に主演するとあって、その演技力について、一部に不安視する声もあったというが、映画評論家のモルモット吉田氏は、「志村さんの演技は絶品」と語る。

「志村さんは20年前、高倉健さんから直接頼まれて、映画『鉄道員(ぽっぽや)』に、酔っぱらい役で1シーン出演。その演技は、ほかの俳優たちとも違和感なくなじんでいました。長年コントで鍛えた演技力が『キネマの神様』でも発揮されたと思います」(同)

志村けんのだいじょうぶだぁ BOXII ウンジャラゲ編 [DVD]
完成作、見に行きます

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

志村けんさん、幻となった映画『キネマの神様』で「主演男優賞確実」と言われたワケ……映画評論家語るのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ