無事放送されるのか

『半沢直樹』がトップ、石原さとみがワースト候補!? 業界人が明かす「春ドラマ」下馬評

2020/04/02 12:00
サイゾーウーマン編集部
『半沢直樹』(TBS系)公式サイトより

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1日、NHKが現在放送中の連続テレビ小説『エール』や大河ドラマ『麒麟がくる』の収録見合わせを発表。またTBSも、4日に放送が予定されていた『オールスター感謝祭2020春』や、その後スタートするはずだった春ドラマ『半沢直樹』『私の家政夫ナギサさん』『MIU404』の“放送延期”を決定した。

「4月期ドラマについては、以前から業界内で『各局とも、相当力を入れている』と話題になっていました。TBSが、2013年に大ヒットした堺雅人主演ドラマ『半沢直樹』の続編を用意したように、他局も“人気作の続編”を仕掛けていましたから。しかし、3月31日、テレビ朝日系の特撮番組『魔進戦隊キラメイジャー』の主演俳優・小宮璃央の新型コロナウイルス感染が発表されるなど、ドラマ業界でもコロナ問題が深刻化しています」(テレビ局関係者)

 この状況下だけに、放送延期どころか中止という可能性もあるが……。

「無事に放送されたらの話になりますが、今期には注目作が目白押し。『半沢直樹』を筆頭に、07年版の続編となる篠原涼子主演『ハケンの品格』(日本テレビ系)、また織田裕二主演『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系、前作は18年放送)や、木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系、前作は18年放送)と、“続編モノ”はどれもコケることはなさそうです。前作はどれも高視聴率を記録していますし、新作も全話平均2ケタは堅いでしょう」(同)

 特に『半沢直樹』は、前作で全話平均28.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、最終回は42.2%を叩き出していた。

「『半沢直樹』続編も、さすがに前作ほどの数字は難しいかもしれませんが、それでも業界内では圧倒的な期待値。次点で『BG』続編というところでしょうか。主演の木村は、昨年10月期に主演したばかりの連ドラ『グランメゾン東京』(TBS系)が、最終回で自己最高の16.4%を獲得する盛り上がりを見せていましたし、その勢いが『BG』への良い流れとなるのでは」(スポーツ紙記者)

 しかし逆に、放送にこぎつけても“大コケ”が予想されているドラマもあるという。

「『SUITS/スーツ2』以外のフジドラマの期待値が低いですね。玉木宏主演の『竜の道 二つの顔の復讐者』、石原さとみ主演の『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』は、どちらも“ワースト候補”と言われています。特に『竜の道』は、玉木と高橋一生の初共演&双子役といった点をアピールしていますが、ほかのキャストを含めて『今っぽい顔ぶれ』とは言い難い。しかも“兄弟の復讐劇”と、どう考えても今の時代にウケそうにないテーマだけに、業界内からは『ひと昔以上前のドラマみたい』『なんで今ドラマ化しようと思ったのか?』という声も聞かれるほどです。また『アンサング・シンデレラ』にしても、とりあえず人気女優の石原を主演に据え、人気の医療モノを……という“安パイ”を狙ったとしか思えない企画。最近は石原の主演ドラマも“不発”が続いているので、あまり期待できませんね」(芸能プロ関係者)

 通常通りにオンエアされるか、という不安は残るものの、各局とも力を入れている春ドラマの放送に期待したいところだ。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@cyzowoman

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/04/02 12:00
半沢直樹 -ディレクターズカット版ー DVD-BOX
無事放送されないと何も言えないよ!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

『半沢直樹』がトップ、石原さとみがワースト候補!? 業界人が明かす「春ドラマ」下馬評のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! テレビ芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ